ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」。2017年度 上半期ソーシャルレンディング業界レポート公開!

株式会社クラウドポート 2017年11月02日

From PR TIMES

急成長を続けているソーシャルレンディング市場規模

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」( (リンク ») )を運営する株式会社クラウドポート(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田雄一郎)は、10月31日、2017年上半期ソーシャルレンディング業界レポートを公開しました。この結果、ソーシャルレンディング市場は2017年度もさらに急成長を続けていることが分かった他、今後のさらなる市場拡大の余地も見える結果となりました。



欧米でインターネットを利用した個人間融資のモデルとして立ち上がったソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング、融資型クラウドファンディング)。日本国内では、個人投資家から小口で集めたお金を大口化し、借り手企業に融資するという法人融資のかたちで、2017年度も市場規模は急速に成長しています。徐々に一般的に認知され、ソーシャルレンディングで資産運用を行う人も増えている状況にあります。今回は日本ソーシャルレンディングの市場規模やその拡大の背景をご報告します。


日本のソーシャルレンディング市場規模

法人融資としての日本国内におけるソーシャルレンディング市場規模は2008年から少しずつ増え、2013年頃から成長の勢いを増しています。法人融資では不動産系の中小事業者や何らかの事業資金の調達を行うものが多いようです。

日本のソーシャルレンディングの市場規模は、以下の通りに拡大しています。

【日本ソーシャルレンディングの市場規模】
2014年 143億円
2015年 310億円
2016年 533億円

日本のソーシャルレンディング市場規模の成長率

ソーシャルレンディング市場規模の成長率は、2014年から2015年にかけて2.1倍、2015年から2016年では1.7倍。およそ2倍のペースで市場規模が拡大し続けています。

この勢いは2017年になっても衰えておらず、2017年6月の単月市場規模は過去最高を記録しています。

[画像1: (リンク ») ]



ソーシャルレンディング参入企業数の増加

市場規模拡大とともに、ソーシャルレンディング業界への参入運営会社(ソーシャルレディング事業者)も増えています。2014年には6社しか存在していなかった事業者も、2015年には10社、2016年には20社と、中小事業者も含め多くのソーシャルレンディング運営会社が参入しています。

2017年でも参入事業者は増えています。購入型クラウドファンディングにおいて広く知られているCAMPFIREも既に参入を表明しており、今後も魅力的な事業者のソーシャルレンディング参入の気配があります。
[画像2: (リンク ») ]


また、市場規模と事業者数の拡大を背景に、日本におけるソーシャルレンディング事業者の種類も市場も少しずつ多様化しています。当初は不動産案件を主に扱う事業者ばかりでしたが、再生エネルギー案件や海外案件ほか、案件の種類も増加しています。


平均利回りも安定して上昇傾向に

参入事業者の数が増えることで、業界の平均利回りも高まっています。新規参入事業者は投資家獲得のため、事業運営初期においては自社の利益を少なくしても投資家が登録することを促す傾向があります。昨今ではキャッシュバックキャンペーンを実施する企業もあり、このような背景で平均利回りは向上しているようです。

[画像3: (リンク ») ]



欧米と比べるとまだまだ市場規模の伸びが期待できる
国内ソーシャルレンディング市場

ソーシャルレンディング先進国とも捉えられるアメリカでは、2015年における市場規模が227億ドル(約2.5兆円)に達しています。一方、日本では2017年に1000億円の市場規模が予想されている程度。その市場規模の差は日米間で見積もって20倍以上です。

世界最大の経済規模を持つアメリカですが、日本との経済力の差は20倍の開きがあるわけではありません。一足先に大きな市場が成り立ったアメリカ市場ですが、2015年以降も市場は拡大を続けていると言われています。アメリカのソーシャルレンディングの市場規模から考えれば、まだ日本市場の伸びる余地は充分にあると考えられます。


これからもクラウドポートは、ソーシャルレンディング主要事業者の動向を、投資家目線に立って分析し、リアルな情報を横断的に届けていき、国内ソーシャルレンディング市場の成長の一翼を担いたいと考えています。


【ソーシャルレンディングについて】
ソーシャルレンディング(投資型/融資型クラウドファンディング)は、お金を投資したい一般投資家と、お金を必要としている人・会社を、インターネット上でマッチングする、新しい金融技術(フィンテック)の一分野です。投資を募集する主体は金融庁から第二種金融商品取引業の免許を取得した事業者等です。2016年には、1年間で533億円もの投資が集まっており、これは2015年と比較して72%の成長
となります(1)。投資家は数万円程度の小口から投資ができること、利回りが高く、安定した配当が得られること、金融知識によって投資成績に差がつきにくいことなどの特徴があり、一般の方にとって検討しやすい投資商品です。一方で、元本毀損のリスクがあることに注意が必要です。


【株式会社クラウドポートについて】
クラウドポートは、ソーシャルレンディング主要各社の動向を投資家目線に立って分析、発信していくソーシャルレンディング専門メディア、横断検索サイトです。
ソーシャルレンディングファンドを事業者横断比較できるサイト「クラウドポート」
(リンク »)
ソーシャルレンディングに特化した専門メディア「クラウドポートニュース」
(リンク »)


【経営者略歴】
代表取締役 藤田雄一郎:早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にWEB構築、マーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年に上場企業に売却。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスを立上げ、サービス開始から約2年半で80億円の資金を集めるプラットフォームに成長させた。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。

共同創業者 柴田陽:東京大学経済学部卒業。戦略コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身。店舗集客サービス「スマポ」を展開する株式会社スポットライト、バーコード価格比較アプリ「ショッピッ!」、タクシー配車アプリ「日本交通タクシー配車」「全国タクシー配車」など、数々のヒットアプリを手がけ、3つの会社を創業・売却した経験を持つシリアルアントレプレナー。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。

商号 株式会社クラウドポート
本社 東京都渋谷区渋谷
代表取締役 藤田雄一郎
設立 2016年11月1日
資本金 5,485万円

脚注
1) 当社調べ。成立総額

当社の提供する情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、 投資勧誘を目的としておりません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]