中小企業向け事業保険のエヌエヌ生命 経営者の“突然のリスク”に備える保険「エマージェンシー プラス」を発売

エヌエヌ生命保険株式会社 2017年11月02日

From PR TIMES

~災害や急性心筋梗塞、脳卒中をカバー、最大保険金額1億円~



エヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:フランク・エイシンク、本社:東京都千代田区、以下「エヌエヌ生命」)は、2017年12月2日より、中小企業経営者が突然の災害や急性心筋梗塞、脳卒中に見舞われ、万が一のことがあった場合、企業を守るために最大1億円の死亡保障を準備でき、健康状態について3つの告知項目に該当しない場合には申込みできる新しい定期保険「エマージェンシー プラス」(無解約返戻金型災害・重度疾病定期保険)を発売します。これにより、経営者が突然の事態に見舞われた場合の、企業の事業継続リスクに備えることが可能になります。このような仕組みの死亡保障設計は、生命保険業界で初めて*となります。

*3つの保険金(下記しくみ図をご参照)を一体化させた保障設計と高額な保障について簡便な健康告知での申込を可能にしました。
2017年11月1日現在、当社調べ

商品の特徴


経営者の万が一のリスクを幅広く保障しました

3種類の保険金(災害死亡保険金・重度疾病死亡保険金・死亡保険金)で、経営者の不安要素として上位に掲げられる*災害、急性心筋梗塞、脳卒中による死亡リスクへの重点保障を可能にしました。
*当社調べ。次頁に記載

企業の緊急事態に受け取る保険金額は最大1億円!災害や重度疾病の保障を手厚くしました

中小企業の経営者に万が一のことがあった場合、事業の継続を維持するための資金は通常の病気の場合と比較して多く必要と考えられていることが自社調査で明らかになっています。  
*当社調べ、次頁に記載
経営者に万が一のことがあった場合にこのような事態に対処するためにも、災害や重度疾病(急性心筋梗塞・脳卒中)による場合の死亡保障を最大1億円とし、企業の借入金や運転資金リスクに備えることを可能にしました。

健康状態について3つの告知項目に該当しない場合にお申し込みができるようにしました

多忙な経営者のニーズに応えるため、3つの告知項目に該当しない場合に最大1億円*の保険金額の申込みを可能にしました。この設計は、メディカル・データ・ビジョン株式会社(代表取締役社長:岩崎博之)が保有する病院における実際の診療内容を匿名加工して蓄積した医療ビッグデータを活用し、死亡リスクを新たに計量化することにより実現しました。
*年齢等の当社所定の条件があります。


[画像1: (リンク ») ]

【開発の背景】
中小企業では、事業の運営が経営者個人により強く依存している面があり、経営者に万が一のことがあった場合のリスクは高いと考えられます。

また、中小企業経営者のうち78%が、自身が通常の病気で亡くなる場合に比べ、突然の事態で急死した場合、経営する会社が被る影響はより大きいと考えています。また、経営リスクを考えた場合に特に心配される急死の原因の上位には、交通事故・心筋梗塞・脳卒中が上がっております。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

【契約内容】

[画像4: (リンク ») ]

【保険金の支払事由・金額】

[画像5: (リンク ») ]

【保険料例】

[画像6: (リンク ») ]

このプレスリリースは、商品の概略を説明したもので、保険募集を目的としたものではありません。商品の詳細は、「特に重要なお知らせ(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」などを必ずご覧ください。




プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。