クラウド型AIデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのInstart Logic、事業のさらなる成長に向け新たに3,000万ドルの資金を調達

Instart Logic Japan株式会社 2017年11月03日

From PR TIMES

ST Telemediaがリードする新しい投資ラウンドにより、さらなる成長と海外市場への拡大を加速し、世界的ブランドのオンライン収入増に貢献

・ST Telemediaがリードする新しい投資ラウンドにより累計で1億4,000万ドルの資金を調達
・デジタル・コンテンツをより高速、安全、高品質に提供し、優れたコンシューマー体験をもたらすことで、オンライン収入の増大に貢献
・世界上位100パブリッシャーの25社以上の50億ものデジタル広告を支援
・ニーマンマーカスにAI支援のシステムを導入し、高い顧客満足度と収益成長率を達成



カリフォルニア州パロアルト発、2017年11月2日(米国本社リリース抄訳)
クラウド、ウェブ、モバイル・アプリケーションのパフォーマンス、コンシューマー体験、セキュリティを革新的に向上させるプラットフォームを提供するInstart Logic(インスタートロジック。 日本法人:Instart Logic Japan株式会社、東京都港区)は本日、ST Telemedia(STT)がリードする新たな投資ラウンドで3,000万ドルの資金を調達したことを発表しました。

この新しい資金は、海外市場へのさらなる拡大、受賞歴のある同社のデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの拡張に当てられます。今回の新しい投資ラウンドにより、Instart Logicは株式発行で累計1億4,000万ドルの資金を調達したことになります。

Instart Logicプラットフォームにより、業界をリードする世界的ブランドが自社のオンライン・パフォーマンスを向上させることができます。Instart Logicの創設者兼最高経営責任者(CEO)のマノブ・ミタル(Manav Mital)は次のように述べています。「今回3,000万ドルの追加資金を調達したのは、より多くの世界的ブランドが高性能で高速、安全なコンシューマー体験を提供することでオンライン収入を増大できるようにするためです。また、この新しい資金を活用し、パブリッシャーがデジタル広告によりコンテンツの収益化を図れるようにする取り組みを拡大していきます。広告最適化機能を我々のプラットフォームへ追加することにより、当社の事業の対象となりうる市場規模は100億ドル以上へと拡大します。」

ST Telemediaの最高戦略および投資責任者(CSO、CIO)のニキル・イーペン(Nikhil Eapen)氏は次のように述べています。「Instart Logic独自のクラウド型AI(人工知能)デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームには、今後も継続して成長していける大きな市場機会が広がっています。世界中のほぼ全ての企業は現在、クラウド、ウェブ、モバイルを活用した広範なデジタル戦略に取り組んでいます。Instart Logicのプラットフォームは、デジタル・コンテンツをより高速、安全、高品質に提供し、優れたコンシューマー体験をもたらすことで、オンライン収入の増大に貢献します。」

パフォーマンス、コンシューマー体験、セキュリティの向上による収入アップ事例
ニーマンマーカス(Neiman Marcus)の最高技術責任者であるラジーブ・ライ(Rajeev Rai)氏は次のように述べています。「当社では、最高級のパーソナライゼーションを提供し顧客体験を向上する方法を継続的に探し求めてきました。Instart LogicはAIを使って顧客の購入体験を自動的に最適化でき、当社が主要な業績目標を達成するにあたっての重要な存在となっています。」

Instart Logicプラットフォームは、素晴らしいデジタル体験を提供する際の主要課題に、AIを活用してエンド・トゥ・エンドの形で完全対応するように設計されています。このプラットフォームは、コンシューマーには彼らの望む、高速で安全かつ魅力的なデスクトップおよびモバイル体験を提供する一方、世界的ブランドには彼らが必要とする最適化された収益化モデルと優れたコンシューマー・エンゲージメントを低所有コストで提供します。

Instart Logicプラットフォーム
Instart Logicのグローバルなクラウド型プラットフォームは、顧客のクラウド、ウェブ・モバイル・アプリケーションをコンシューマーのデバイスに接続し、自動的かつ飛躍的にパフォーマンス、コンシューマー体験、セキュリティを向上させます。
現在、毎日100億以上のトランザクションを処理するこのプラットフォームには、クラウド/ウェブ/モバイル・アプリケーション性能最適化、イメージ最適化、デジタル広告/マーケティング分析リカバリー、Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)、DDOS保護、Bot管理、およびセキュリティ向けアプリケーションが含まれます。また、受賞歴のある次世代のコンテンツ配信ネットワークも提供しており、今日のクラウド中心およびモバイル・ファーストのニーズを満たすように独自に設計されています。最近では、ガートナー社のマジック・クアドラントでビジョナリー(リンク先:英語)に選出されています。

Instart Logicの全てのアプリケーションは、AIを活用したグローバル規模でキャリア・グレードのクラウド型プラットフォーム上で稼働しており、統合管理やレポート/分析、オープンAPI、24時間365日稼働およびサポートなどの機能を提供しています。Instart Logicのクラウド型システムの使用にあたり、顧客はハードウェアやソフトウェアをインストールし、管理する必要はありません。
80以上の特許で保護されたInstart Logicプラットフォームは、世界中の複数の主要データセンターに 配置されており、プライベートやパブリック・クラウド環境でも使用することができます。同プラットフォームは、AI主導のアプリケーション・アウェアネスとNanovisor(リンク先:英語)と呼ばれるJavaScript仮想化レイヤを介したコンシューマー・デバイス・アウェアネスの両方を提供します。

デジタル体験への包括的なアプローチによる恩恵
Instart Logicを採用することで、オンライン販売を行う企業は通常、5%から8%まで収入を増加させることができる一方、パブリッシャーやメディア企業、広告プロバイダーなど、デジタル広告の収益モデルを採用する企業では通常、3%から15%までの収益増が見込めます。また、様々な業界のグローバル企業では通常、以下のような恩恵を得られます。
・10%から30%高速なクラウドおよびウェブサイト・パフォーマンス
・最大40%高速なモバイル・アプリケーション・パフォーマンス
・高品質なイメージ
・平均注文額(客単価)の増加
・検索順位の上昇

ミタルは次のように述べています。「広告ブロック・ソフトウェアは、広告支援ビジネスモデルを採用するパブリッシャーやメディア企業の存在を脅かしています。コンシューマーが広告ブロック・ソフトウェアをインストールするのは、大手パブリッシャーのコンテンツを盗用したり、ジャーナリストから仕事を奪ったりするためではなく、インターネット上の煩わしい危険なウェブサイトに苛立ちを感じているからです。この問題に対する当社の考え方はシンプルで明快です。それはパブリッシャーのアプリケーションや技術にいかなる変更も加えることなく、優良パブリッシャーにコントロールと収益を戻すことにあります。当社は毎月、世界上位100パブリッシャーの25社以上の50億ものデジタル広告を、ユーザーに意識されることなく自然な形で復元し、その権利と収入を回復しています。」

ST Telemediaは、Geodesic Capital、Stanford-StartX Fund、Harris Barton Asset Management、Hermes Growth Partners、Andreessen Horowitz、Four Rivers Group、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Tenaya Capital、およびTelstra Ventureからなる既存のInstart Logic投資グループの一員に加わることになります。

Instart Logicの情報はTwitter、Facebookページ、LinkedInからもご覧いただけます(英語)。

ST Telemediaについて
通信、メディア、テクノロジー市場におけるアクティブ投資家であるST Telemediaは、ステークホルダーの成長促進と持続的な価値創出に注力し、デジタル・バリュー・チェーン全般にわたる補完的資産および事業からなる強力なポートフォリオを構築しています。世界中の通信、メディア、テクノロジー事業に投資し、それらを構築、運用してきた数十年の経験を持つSTTは、投資を増大し、成功させてきた実証済みの実績を有します。STTの詳細情報は同社のウェブサイト(www.sttelemedia.com)(英語)を参照ください。

Instart Logicについて
高速で安全かつ収益力の高いオンライン体験を提供できるInstart Logicの革新的なデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームは現在、世界中の数百の大手ブランドで利用されています。Instart Logicのプラットフォームは、機械学習、アプリケーション/デバイス・アウェアネス、オープンAPIと広範な統合および自動化機能群を組み合わせて構築されています。統合および自動化機能群には、クラウド/ウェブ/モバイル・アプリケーションの性能最適化、画像最適化、デジタル広告およびマーケティング分析リカバリー、Webアプリケーション・ファイアウォール、DDOS保護、Bot管理、次世代コンテンツ配信ネットワークが含まれます。Instart Logicを使用することで、顧客企業は超高速で視覚的に没入できる安全なデジタル体験をあらゆるデバイス向けに提供することができ、競争優位性を得て、収益を最大化することができます。Instart Logicの詳細情報は、同社のウェブサイトまたはTwitterからご覧いただけます(英語)。

お問い合わせ先
Instart Logic Japan株式会社 (担当:岩崎)
tiwasaki@instartlogic.com
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]