旅行業界、共同で不正利用対策を強化  ~ジャパンシステムが旅行業不正検知共通プラットフォーム「JIRSTA」を運営~

ジャパンシステム株式会社 2017年11月06日

From PR TIMES

 ソリューションおよびサービスを提供するジャパンシステム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井上 修、JASDAQ上場:証券コード9758、以下ジャパンシステム)は、旅行チケットなどのネットによる不正購入を防止するために、旅行会社が設立するコンソーシアム「旅行業不正検知共通プラットフォーム:JIRSTA (Japan Internet Reservation Standard for Travel Agency) 」の運営を担当することを発表します。



 今回、拡大するEC(エレクトロニックコマース=電子商取引)において、航空券や宿泊施設予約など高額の旅行チケットの不正購入を防止するために、不正利用を検知・防止するための共通プラットフォームとしてJIRSTAを本年7月に運用を開始しました。2020年の東京オリンピック開催による海外観光客の増大を視野に入れ、国内外から不正利用に対する犯罪防止のためにも、業界全体での対策を目指します。このように、旅行業界各社が一致団結し、共同で不正取引対策に取り組むのは、世界的にも例の無い、先進的でユニークな取組みとなるものです。

 JIRSTAは、楽天トラベルを運営する楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)、じゃらんを運営する株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)、 一休.comを運営する株式会社 一休(本社:東京都港区、代表取締役社長:榊 淳)の3社が発起メンバーとしてスタートしました。今後、順次参画される企業が予定されております。

[画像1: (リンク ») ]


 JIRSTAの目的は、グローバル社会の進展により、旅行産業が大きく変革している中、ネット利用による不正購入に対する技術の開発・実証や、旅行業の発展に寄与するソリューションの創出を推進するため、業界を挙げて新時代に対応する不正防止の対策を強化することです。

その目的を達成に向けて、JIRSTAが次の事業を行い、会員各社にサービスを提供していきます。
1. 旅行業界のネット取引不正の検知技術・情報及び知見の共有と標準化等の推進
2. その他JIRSTAの目的を達成するために必要な事業

 このように、年々拡大する不正被害が、越境ECの拡大と共に益々被害が拡大する状況に対して、業界全体で対策効果を狙います。各社が個別に不正防止策を講じるよりも、不正利用履歴データの共有化や高度化する不正利用への防止策の共有により、対策に掛かる費用も削減します。

今後、JIRSTAのメンバーを広げて、業界全体の利用による相乗効果をさらに高めていきます。

<背景>
インターネットの普及とグローバル社会の進行化により旅行産業が大きく変革しています。インターネットを使ったEC(電子商取引)は、この数年大きく拡大しています。一方で、不正利用に対する技術の開発・実証や、旅行業の安心安全を担保するソリューションの創出が求められています。
特にクレジットカードによるECにおいて、越境ECの拡大と共に不正被害が年々拡大しております。

[画像2: (リンク ») ]

JIRSTAに関する問い合わせ
ジャパンシステムは、まもなく創業から50年を迎える経験豊富なIT企業として、独自開発の認証技術の提供など、得意分野であるセキュリティ技術を生かした事業展開をしており、自治体向けにおいても豊富な実績を持ちます。
今回、このような経験と実績により、旅行業界の不正検知共通プラットフォームの運営事務局を担っていきます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ジャパンシステム株式会社の関連情報

ジャパンシステム株式会社

ジャパンシステム株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]