国内初、AI技術を活用したロボホン向け手話通訳アプリケーションを共同開発

シャープ 2017年11月08日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]


株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)とシャープ株式会社(以下:シャープ)、株式会社NTTデータSBC(以下:NTTデータSBC)は、国内で初めて(注)AI技術(ディープラーニング)を活用したロボホン向け手話通訳アプリケーションを共同開発しました。

シャープが提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」に、聴覚障がい者が行う手話を通訳して健聴者に伝えるアプリケーションを開発し、現段階では手話学習初心者の手話学習や簡単な意思伝達を必要とする場で利用されることを想定しています。今後も3社で、さまざまな場面で手話通訳が円滑に行われるように実用化を目指し、聴覚障がい者の生活を支援する活動を継続していきます。

(注) NTTデータ調べ。

* シャープ株式会社のロボホン公式サイト (リンク »)
* その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。



※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
(リンク »)

【プレスリリース全文(PDF版)】
(リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]