ビジネスチャット「direct」からスケジュール確認、登録ができるサイボウズガルーン連携ボットを発表

株式会社L is B 2017年11月08日

From PR TIMES



株式会社L is B (エルイズビー 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横井太輔、以下L is B)は、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野慶久、以下サイボウズ)の企業向けグループウェア「サイボウズガルーン」のスケジュール情報、施設予約情報をビジネスチャット「direct」から直接参照、登録できる「ガルーン連携ボット」を発表いたしました。

サイボウズガルーンのユーザーはdirect上でガルーン連携ボットと会話するだけでPCを立ち上げることなく、スマホからスケジュール参照や登録、施設予約状況の確認が簡単に実現できます。

サイボウズガルーンは4,400社に導入されています。(2017年11月1日現在)


■ ガルーン連携ボットの特徴
チャット画面から複数メンバーの共通空き時間を一気に参照、会議の設定ができます。
[画像1: (リンク ») ]



空き会議室や備品の空き検索、確認ができます。
[画像2: (リンク ») ]


これにより、従来煩雑だった会議の設定や予定確認がスマホからストレスなくおこなえます。


■ チャットボット開発環境「daab SDK」について
L is Bはビジネスチャット「direct」と他社システムとの連携ができるチャットボット開発環境「daab(ダーブ) SDK」を2014年12月から公開しています。この開発環境を利用し「サイボウズガルーン」との連携ボットを開発しました。
このボットは2017年11月8日(水)~9日(木)幕張メッセ、12月5日(火)~6日(水)グランフロント大阪で開催されるサイボウズのすべてがわかる総合プライベートイベントCybozu Days 2017 L is Bブースにて実際にご覧いただけます。
(リンク »)


■ 「direct」について
2014年10月からサービスを開始した「現場と社内をつなぐ」国産ビジネスチャットです。お客様の声と共に成長し、現在は800以上の企業に導入いただいております。近年チャットボットのビジネス利用が検討されるようになる中、他社に先駆けて誰でもdirect専用のチャットボットを無料で開発できる環境「daab(ダーブ) SDK」を提供してまいりました。Office 365やG Suite、kintoneなどの業務システムと連携するチャットボットが多数生み出され、さまざまな現場で業務効率化を実現しています。
(リンク »)


■ L is Bについて
2010年に創業したスマートフォンアプリやWebサービス、企業向けシステムを開発・提供する企業です。お客様の課題に真摯に向き合い、業務改革と問題解決の実現に注力し多彩なソリューションを生み出しています。
(リンク »)


※記載されている社名、製品名およびサービス名は各社の登録商標または商標です。
※記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更する場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。