話題のスマートスピーカー『Amazon Echo』に「J-WAVE HEADLINE NEWS」と「TOKIO HOT 100」Podcast 配信決定!

株式会社J-WAVE 2017年11月08日

From PR TIMES

この度J-WAVEは、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応するスマートスピーカー「Amazon Echo」に向けて、J-WAVEチャンネルを開設し、音声コンテンツを配信することが決まりました。日々のニュースをフラッシュニュースでお伝えする「J-WAVE HEADLINE NEWS」と、人気の100曲をカウントダウンするJ-WAVEの看板番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」のPodcastプログラムを配信いたします。



[画像1: (リンク ») ]

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)では、スマートスピーカー『Amazon Echo』に向けて、J-WAVEの音声コンテンツを配信することが決定しました。Amazon Echoフラッシュブリーフィングのニュースコンテンツとして、「J-WAVE HEAD LINE NEWS」および音楽ニュースとして毎週東京で人気の100曲をカウントダウンするJ-WAVEの看板番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」のPodcastプログラムを配信いたします。
また、J-WAVEのカスタムスキルとしても同内容のコンテンツを配信いたします。


[画像2: (リンク ») ]



日々のニュースをフラッシュニュースでお伝えしている「J-WAVE HEADLINE NEWS」と、毎週東京で人気の100曲をカウントダウンする開局以来29年続くJ-WAVEの看板番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」の旨みを凝縮し制作しているPodcastプログラムを配信いたします。

今後もJ-WAVEは「Amazon Echo」をはじめとする「Alexa」対応スマートスピーカーに、様々な音声コンテンツを配信していく予定です。今後もJ-WAVEより発信する情報に是非ご注目下さい。



Alexaとは



[画像3: (リンク ») ]

Alexa – Amazon Echoを支える頭脳


Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。



Echoとは


[画像4: (リンク ») ]

Amazon Echo – ハンズフリーで利用が可能、いつでも待機、直ぐに反応


Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社J-WAVEの関連情報

株式会社J-WAVE

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]