音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2017」視覚的位置と聴覚的位置を一致させる新システム「The d&b Soundscape.」を出展

ディーアンドビー・オーディオテクニック・ジャパン株式会社 2017年11月08日

From PR TIMES

幕張メッセにて新しい音響空間を体感できるデモンストレーション実施!開催日時:11月15日(水)~11月17日(金) 各日 第1回目13:00‐13:45 第2回目14:30-15:15

ディーアンドビー・オーディオテクニック・ジャパン株式会社 (神奈川県横浜市都筑区、代表取締役 加藤 浩典、以下d&b)は、幕張メッセにて2017年11月15日(水)~17日(金)に行われる音と映像と通信のプロフェッショナル展「InterBEE2017 (2017年国際放送機器展)」に出展し、2018年2月より導入を予定しているオーディオソリューション「The d&b Soundscape.」が創りだす新たな音響空間を体感できるデモンストレーションを実施いたします。




[画像1: (リンク ») ]

d&b audiotechnikはコンサートホールやオペラハウス、会議場、ライブ会場、競技場など世界中のあらゆる音楽再生およびスピーチのサウンド・リインフォースメント向け業務用高品質ラウドスピーカーシステムのメーカーとして、国際的に活躍する企業です。当社は技術開発、システムインテグレーション、設計品質、 サービスとサポートの全てを高い次元で備え、業界をリードし続けてきました。

当社が保持する音響システムの最先端技術を駆使し、2018年2月より新たに導入を予定しているオーディオソリューション「The d&b Soundscape.」は、業界を牽引してきた当社にしか成し得ない新しい音響空間を生み出します。本システムは普段多くの人が音を視聴するときに感じている、聴覚的位置と視覚的位置のズレを改善し、オーディエンスの不快感や違和感を取り除くだけではなく、音を発信するアーティスト側のメッセージ性を高めることが出来る、特別な音響体験を提供します。

d&b audiotechnik Japanは「The d&b Soundscape.」の正式な導入に先駆けて、2017年11月15日(水)~17日(金)に開催される、音と映像と通信のプロフェッショナル展「InterBEE2017 (2017年国際放送機器展)」にてこの新しい音響空間を体験するデモンストレーションを実施いたします。

当社は電気音響分野のリーディングカンパニーとして、これからもイノベーションを絶えず繰り返し、アーティストのパフォ-マンス向上とオーディエンスを魅了する音響空間の創造に尽力して参ります。


The d&b Soundscape.について

[画像2: (リンク ») ]

右と左の2chステレオ環境においては、コンサート会場や舞台におけるそれぞれの音源のポジションを体感できるオーディエンスは、ごく一部に限定されてしまいます。d&b Soundscapeは音源のポジションをより明確にし、パフォーマンスに奥行きを与え、表現者であるアーティストの創造への自由度を拡げることにより、オーディエンスの心を深く魅了します。

また、d&bのスピーカーは語り手のメッセージがクリアに伝わるように、極めて高いスピーチ明瞭度を持っています。この統合されたワークフローによって、集まった人々とパフォーマンス側との間をよりエモーショナルに結びつけることができます。

Seeing sources.

新たに開発された「En-Scean」ソフトウェアによって、ステージ上や音響空間内での音源位置やその動きを聴感上でも認識できるようにします。視覚に合わせて、その入力される音源位置を設定、あるいは動きを追うことや、演出上意図的に設定したい位置に持っていくことが可能です。

Redefining rooms.

d&bの音響エミュレートソフトウェア「En-Space」は、部屋の空間の響きに得たい響きを自然に付加することができます。音響空間をアーティストが表現するための理想的なプラットフォームを提供することで、オーディエンスは卓越したリスニングコンディションを得ることができます。

The platform.

d&b Soundscapeプラットフォームは、シグナルエンジン、アプリケーションソフトウェアで構成されます。手前に位置するのは、複数の音源のロケーションをカバーできる多チャンネルのルーティングやディストリビューションを行う新開発のシグナルエンジンです。

このエンジンはデジタルネットワークのDante対応で、 64入力64出力全てのクロスポイントでレベルとディレイ調整、EQ、入出力プロセッシングとリコール可能なプリセットを装備しています。
システム全体の制御と管理は、Ethernetを介してOCA/AES70またはOSCプロトコルを用いて、d&bのリモートコントロールソフトウェア「R1」にて行われます。

Inter BEE (2017年国際放送機器展) について
Inter BEE(国際放送機器展)の始まりは1965年で、2017年度の開催で53回目を迎えます。その時々の世界最先端の技術が披露されてきたInter BEEは、プロフェッショナルのニーズに応え、国内外のマーケットを視野に、業界情報を着実にターゲットへ発信し、出展者と来場者の皆様にとって、効果的で有意義な情報交流やビジネス創出の場を提供して参りました。
昨年の第52回目は過去最多の1,090社の企業が出展し、来場者数も過去最多の38,047人を記録しています。Inter BEEは未来のメディアビジネスを牽引する最新トレンドが一挙に集まる場として注目が集まっています。
2020年の東京オリンピックに向けて加速するデジタルトランスフォーメーション(I技術の浸透による生活の良質化)を受けて、Inter BEE 2017では「つくる・おくる・うける」全てを網羅したメディア総合イベントへ進化します。


[画像3: (リンク ») ]

ACCESS MAP

[画像4: (リンク ») ]


ディーアンドビー・オーディオテクニック・ジャパン株式会社について
企業名 :ディーアンドビー・オーディオテクニック・ジャパン株式会社
本社所在地 :〒224-0023 神奈川県横浜市都筑区東山田4-33-7
設立 :1981年(ドイツ本社)
代表取締役 :加藤 浩典

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。