音声サービス「Amazon Alexa」による鉄道運行情報の配信や空港連絡バスの予約サービスを開始します!

京王電鉄株式会社 2017年11月08日

From PR TIMES

対応機器に話しかけるだけ!

 京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)と京王電鉄バス株式会社(本社:東京都府中市、社長:川杉 範秋)では、音声サービス「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」による鉄道運行情報の配信や空港連絡バスの予約サービスを開始します。



 これは、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」とその対応機器である「Amazon Echo(アマゾン エコー)」の国内提供開始に合わせ、当社グループがAlexaスキル(※1)として「京王スキル」および「ハイウェイバススキル」の開発を進めてきたものです。なお、Amazon Echoの出荷開始より順次、提供を開始します。
 「京王スキル」では、音声による操作で京王線・井の頭線の鉄道運行情報だけでなく、京王グループ各社のおすすめ情報やクーポン情報が確認できます。
 また、「ハイウェイバススキル」では、京王沿線各地より出発する羽田空港や成田空港行きの空港連絡バスの予約が音声により行えます。
 これまでのパソコンやスマートフォンからの利用に加え、家庭のさまざまな場所から話しかけるだけで鉄道運行情報の確認・空港連絡バスの予約が可能となります。(※2)
 京王グループでは、今後もAlexaに対応したサービスの拡大を図り、お客様の利便性の向上に努めていきます。
 詳細は次ページのとおりです。
※1 Alexaスキル…Alexaに話しかけるだけで、いつでも利用できる便利な機能です。音楽の再生やニュース、天気予報、交通情報の読み上げから、ゲーム、教育、スマートホーム、ファイナンスなどお客様の多様なニーズに応える豊富なジャンルの機能がAmazonおよびスキル開発各社により提供されます。
※2 本サービスのご利用には「Amazon Echo」等のAlexa対応機器が必要です。各機器の利用方法については製造・購入元へお問い合わせください。
[画像1: (リンク ») ]


1.サービス開始日 
Amazon Echoの出荷開始より順次

2.スキルの概要
(1)京王スキル
「京王線・井の頭線の運行情報」「京王グループのおすすめ情報」「京王グループのクーポン情報」から聞きたい情報をAlexa対応機器に話しかけると、これらの情報を音声にて案内します。例えば、「アレクサ、京王のクーポン教えて」と話しかけると、「クーポン情報が○件あります。1件目は・・・」と案内します。
【紹介ページ】 (リンク »)

(2)ハイウェイバススキル
初回利用時に氏名、メールアドレスなどユーザー登録後、Alexa対応機器からの問いかけに、行き先、乗車場所、乗車人数、乗車日、到着希望時刻を順に話しかけると予約が可能な便を案内します。希望の便を音声にて選択すると予約が完了し、確認メールが送信されます。
※初回利用時は高速バスインターネット予約サイト「ハイウェイバスドットコム」の会員登録とは別にユーザー登録が必要となります。
※前回のご予約内容と同一の行き先、乗車場所、乗車人数の場合、項目を省略し、乗車日、便の選択のみでご予約を完了することができます。
※運賃はご利用便のバス車内でのお支払いのほか、調布駅構内および多摩センター駅バスターミナルに設置されている自動券売機でも乗車券の事前購入が可能です。
※ご予約の変更、キャンセルは京王高速バス予約センター(03-5376-2222)にて承ります。
【対象路線】
・国分寺・府中・若葉台・稲城・武蔵小金井・調布 ~ 羽田空港
・南大沢・京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘 ~ 羽田空港
・高尾・八王子 ~ 羽田空港
・調布・稲城・若葉台 ~ 成田空港
・南大沢・京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘 ~ 成田空港
※予約は空港行きのみとなっております。空港発は先着順による座席定員制です。
【紹介ページ】 (リンク »)

3.お客様のお問い合わせ先
(1)京王スキル
京王お客さまセンター   TEL.042-357-6161(9:00~19:00)
             ※12月30日~1月3日の営業は行っておりません。
(2)ハイウェイバススキル
京王高速バス予約センター TEL.03-5376-2222(9:00~20:00)
                                                以 上

【参 考1】「Amazon Alexa」について
 Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

【参 考2】「Amazon Echo」について
Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaがすぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。