アグレックス、新拠点「Biz TRUXIA(ビズトラシア)」を開設し、中核機能の集約により、BPO事業の高度化と働き方改革を推進

TISインテックグループ 2017年11月09日

From PR TIMES

TISインテックグループの株式会社アグレックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:八尾 政範、以下:アグレックス)は、東京都多摩市に新拠点「Biz TRUXIA(ビズトラシア)」を開設することを発表します。中核機能を「Biz TRUXIA」に集約することで、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)事業の高度化と働き方改革を推進します。



アグレックスは、1965年の創業以来50年以上にわたり、BPOを主軸に事業を展開しています。
従来のBPOは、ノンコア業務の作業効率化を目的に、単一作業を外注することが主流でしたが、近年は、お客様のコア業務に関わる経営課題に対して、分析からシステム・体制の構築、最適な業務プロセスの設計・運用、AIやRPA (Robotic Process Automation)などによる自動化など、BPOによる戦略的な業務改革が求められています。

このようなニーズに応えるため、アグレックスは新拠点「Biz TRUXIA」を開設し、首都圏における中核機能・拠点を「Biz TRUXIA」に集約します。「Biz TRUXIA」は、お客様のビジネスを推進するビジネスソリューションセンターとしてBPO業務の司令塔の役割を担います。各拠点が持つノウハウを集結し、生産性・品質の向上や機能連携強化によるBPO事業の高度化・広域化を図ります。

また、「Biz TRUXIA」開設にあたり、女性社員を中心に「ダイバーシティ推進検討チーム」を発足しました。時間や場所にとらわれない多様な働き方を実現するために、「Biz TRUXIA」を働き方改革の主導的拠点と位置付け、「ダイバーシティ推進検討チーム」から収集した職場環境に対する意見・要望を取り入れていきます。「Biz TRUXIA」に導入した施策などは、全国各地の拠点に順次展開し、ファシリティと制度の両面で働き方改革を推進することで、社員がいきいきと働ける職場づくりを行います。

アグレックスは、「Biz TRUXIA」を中心に、確かな品質と信頼性を確保した高付加価値BPOサービスを展開し、お客様のビジネスを推進する戦略パートナーとして、事業の更なる拡大を目指します。

■拠点名「Biz TRUXIA」の由来
アグレックスの経営姿勢のひとつである「信頼される企業」から連想されるTrust(信頼)と Sincere(誠実)からつくった造語「TRUCERE」に、AGREXの【X】を入れ、未知の可能性を表現。ビジネスソリューションセンターの要素を付加して「Biz TRUXIA(ビズ トラシア)」と命名しました。

■拠点概要

[表: (リンク ») ]



■完成イメージ

[画像: (リンク ») ]



アグレックスについて
アグレックスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、SS(ソフトウェアソリューション)、SI(システムインテグレーション)を柱とする総合情報サービス企業です。1965年の創業以来、半世紀にわたり、大量のデータを抱える企業の煩雑な業務処理を一手に引き受ける独自のアウトソーシングビジネスを中心に事業を展開し、その後システム開発・運用へとその領域を拡大してきました。アグレックスは、業務処理とITのノウハウを総合化・融合化し、お客様に最適なソリューションを提供し続けます。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。