1年間の“ひとり勉強”で東大&ハーバード大学院合格を勝ち取った、勉強法の達人による『最強の独学術』!お金、時間、環境で悩む人にこそ読んで欲しい…、自力であらゆる目標を達成できる勝利のバイブルが誕生

株式会社旭屋書店 2017年11月09日

From PR TIMES

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー】

旭屋書店では、11月24日から各店舗で“お金をかけずに成績を上げる一冊"にて、作家・本山勝寛さんの新刊『最強の独学術』(大和書房)をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『最強の独学術』発売を記念し、本山さん自身に、作品についてじっくりと語っていただきました。



[画像1: (リンク ») ]

◆本編再生はコチラ!
【前編】 (リンク »)
【後編】 (リンク »)

旭屋書店では、本山勝寛さんの『最強の独学術』(大和書房)をピックアップし、著者インタビューを実施した。日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部・広報部ディレクターを務める本山さん。東京大学工学部システム創成学科知能社会システムコース卒業、ハーバード教育大学院国際教育政策修士課程修了という学歴の持ち主だが、小学校から高校までは地方の公立学校に通い、独学だけでこれらの合格を勝ち取った。『16倍速勉強法』(光文社)、『一生伸び続ける人の学び方』(かんき出版)など、“学びの革命”をテーマに著書が多数ある。『最強の独学術』は、発売後わずか10日間で重版出来という大きな反響を呼んでいる話題本である。1週間で簿記3級取得する勉強術や、1ヶ月で英単語4000個覚える暗記術、お金ゼロで学ぶYouTube勉強法など、あらゆる目標を自力で突破してきた勉強法の達人による「独学の極意」が紹介されている一冊だ。


――この本では、独学というキーワードで、学びのフェーズを1.0から3.0までの三つの段階に定義して、そのサイクルを継続することで一生学び続けられる、学びを人生の一部として組み込んでいく術が書いてありますね。

はい、まさに、このことを、“自家発電の無限エンジン”という風に表しています。塾とか学校とかに動かされるんだったら、そこが無くなってしまうと何もなくなってしまう。でも、自分の中に自家発電のエネルギーを持っていたら、一生学び続けられるし、自分から意欲的にできるんです。
[画像2: (リンク ») ]


――その無限エンジンをどう起動するかというのを、3つのパートに分けて説明しているのですね?例えば独学1.0に関して言うならば、本山さんが東大、ハーバード大学の大学院の合格を勝ち取るために行った勉強術が書かれていますね。

そうですね。1.0は目標達成のための独学です。もともと私は成績がとても悪く、高校では勉強にもついていってなかったんです。必ず目標を達成するための1年間の短期集中勉強法が1.0なんです。直近の明確な目標がある方は、これをぜひ実践してほしいですね。

――そして、ここからのステップが本山さんらしいですね。独学2.0では、「教養」をキーワードに、教養を深め、人生の幅と世界を広げると書かれています。ご自身の中でやはり教養は大事だと思われたんですか?

大学受験で大学入ったら終わりとか、資格を取ったら終わりとか、英語が良い点数取れたら終わり、ということじゃないと思うんです。それを社会に出てすごく実感したというのが大きいですね。そしてこれから、ますますそういう時代になっていくと思いますね。
[画像3: (リンク ») ]


――独学フェーズとして最後の3つ目、独学3.0では、“一生学び続ける”というのがキーワードです。やはりこれが、本山さんにとって一番伝えたかったことと思うんですが、独学3.0では、独学1.0と2.0を繰り返すんですね。

独学1.0と2.0を20年スパンで繰り返して、10000時間かけて、その分野の一流を目指すというものです。研究でも言われているのですが、10000時間やれば、その道のどんな分野でも一流になれると言われているんです。すごく長い時間なんですけど、それを分割して考えるんですね。

――どのように分割をしますか?

4年間を5回繰り返すと考える。具体的には、4年間のうち3年間は1日1時間でも良い。4年間のうち、1年間はちょっと集中して1日3時間を集中する。それを足し合わせると20年間で10000時間ですね。
[画像4: (リンク ») ]


――これで一流になれると。

最近パラリンピックの仕事をしているので、選手とお話することがあるんです。彼らも4年に一度のパラリンピックに向けて、そこにピークを持って行って練習するんですけど、ずっと同じ様に練習するわけではなく、山がある。4年に一度、何かの目標があって集中する期間と、そうじゃなくて教養の幅を広げて色んなことを学ぶ3年間を作ることを繰り返すことで、より継続して学び続けられるんじゃないでしょうか。

――どういった方に読んでもらいたいですか?

学生さんだけじゃなくて、ビジネスパーソンにも読んでいただきたいと思って書きました。ただ、特に私が書きながら意識したのは…。私自身がそうだったんですけど、かなり貧しい苦学生で、なかなか塾に通うお金もなくて、ほとんど全て独学でやったんですけど、そういう環境にいる方たちです。お金がないから諦めている、時間がないから諦めている、環境がないから諦めているという方たちに読んでもらって、お金をかけずに学ぶことができる、独学で色んなことを学んで、目標を達成したり、夢を達成したりできるということを伝えたい。そして、ぜひ実践して目標や夢を実践してほしいと思っています。


___________________

本編のインタビュー動画では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできない作家さんの表情も楽しめます!完全版が見たい方は、ぜひ本TUBEをチェック!

【前編】 (リンク »)
【後編】 (リンク »)


[画像5: (リンク ») ]


単行本: 208ページ
出版社: 大和書房

※店舗によりコーナー名表記・開催日程が異なる可能性がございます。予めご了承下さい。


[画像6: (リンク ») ]


◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
(リンク »)


◆公式Twitter
(リンク »)

◆公式Facebookページ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]