地方創生まちづくりフォーラム「まちてん」開催

まちてん2017実行委員会 2017年11月09日

From PR TIMES

日時:2017年12/8(金)・9(土) 場所:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール

まちてん2017実行委員会は、2017年12月8日(金)・9日(土)に渋谷ヒカリエにて、自治体・企業・大学・社会起業家などが一堂に集まり、全国の地方創生事例について課題解決と促進策を考える地方創生まちづくりフォーラム「まちてん」を開催します。




「まちてん」は、「日本のまちに、光をあてろ。」をテーマに、地域が抱えるさまざまな課題を共有し、参加者同士の協業を生み出すことによって新たなカタチの「まちづくり」を創出するフォーラムです。昨年は、2,200名を超える関係者が集まりました。3回目となる今回も、全国の地方創生事例が100以上寄せられており、さらなる活況が期待されます。特に今回重要な題材となるのが自治体です。各自治体の地方創生の計画が出そろい、いよいよ「実装段階」に入っているためで、様々な事例が報告されます。自治体の首長の参加も、鈴木英敬三重県知事や尾﨑正直高知県知事をはじめ、10名以上の参加が見込まれています。

[画像1: (リンク ») ]


プログラムは、「オープニング・トーク」「カンファレンス」「セッション」「展示」「レセプション・パーティー」の5つに分かれます。

「カンファレンス」は、全国各地で地方創生に取り組む40名がそれぞれ事例を紹介するプレゼンテーションです。例えば、農林水産プロダクツのセッションでは、「平成29年度地産地消等優良活動表彰」にて、交流促進部門の農林水産大臣賞を受賞した栗見出在家町魚のゆりかご水田協議会の藤村政和さんによるプレゼンテーションを行います。

[画像2: (リンク ») ]


また、「セッション」では、(株)伊藤園や日本郵便(株)などまちてん実行委員会企業9社をはじめ、まちづくりに注力する企業・団体が進めるプロジェクトに関してディスカッションが行われます。注目は、今人気のラップミュージシャン・KEN THE 390さんが行う佐賀県の明治維新150年PR動画の事例紹介です。異分野との掛け合わせによって生まれた新たなまちづくりの形を見ることができます。

[画像3: (リンク ») ]



そして、まちづくりに役立つサービス・技術・人材をブースに分かれて紹介するのが「展示」です。さらに参加者の交流の場として「レセプション・パーティー」も開催します。地域×企業、地域×大学、地域×社会起業家、企業×企業など、協業・連携するからこそ実現可能なまちづくりの事例やアイデアに注目です。


<「まちてん」概要>
◇日時:
2017年12/8(金)10:00~18:10・12/9(土)9:30~18:00
(8日はオープニング・トーク 9:30~10:00 レセプションパーティー 18:50~20:00)

◇会場:
渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1)

◇主催:
まちてん2017実行委員会

◇後援:
内閣府、復興庁、総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会(他予定)

◇内容:
オープニング・トーク、カンファレンス、セッション、展示ブース、レセプション・パーティー

◇入場:
無料 ※要登録 ※レセプション・パーティーは参加費 ¥2,000

◇HP:
(リンク »)

◇Facebook:
(リンク »)

◇Twitter:
@machiten_jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。