第32回農業ジャーナリスト賞奨励賞受賞、静岡新聞社『お茶 世界へ、次代へ』が電子書籍として配信開始!

株式会社 学研ホールディングス 2017年11月10日

From PR TIMES

日本各地の新聞社の良質なコンテンツを電子書籍で配信する「ニューズブック」プロジェクト 



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、「ニューズブック」シリーズ最新作として、静岡新聞の連載をまとめた電子書籍『お茶 世界へ、次代へ』を、11月9日より主要電子書籍ストアで販売します。

[画像: (リンク ») ]


「ニューズブック」は2015年11月末に立ち上がった、日本各地の新聞社の良質なコンテンツを電子書籍で全国のお客様へお届けするプロジェクトです。
今回は、「茶王国」である静岡県の地元紙、静岡新聞紙上にて連載された、「挑戦 静岡茶」(2014年8月~2015年6月)、「静岡茶 次代へ」(2015年11月~2017年3月)を電子書籍化しました。2014、2015年の荒茶相場のかつてないほどの下落を受け、業界とともに活路を探ろうと始めた意欲的連載であり、「静岡茶 次代へ」は第32回農業ジャーナリスト賞奨励賞を受賞しています。

■ニューズブック最新コンテンツ『お茶 世界へ、次代へ』
[商品概要]
お茶 世界へ、次代へ
著者:静岡新聞社
発行:学研プラス
配信開始日:2017年11月9日
希望配信価格:500円(税別)
Copyright (C) 2017 The Shizuoka Shimbun, NewsBook

内容紹介:
生産量、流通量で日本一の静岡県茶業。製茶問屋や生産者は急須で入れて飲む茶の消費減、茶の取引価格低迷による採算割れや高齢化に苦しむ。一方で、成功体験にとらわれない発想と行動力で販路開拓に挑む若手が生まれてきた。静岡新聞の若きジャーナリストが、茶業界の課題と希望を丹念な取材で記録する。

■購入可能なおもな電子書籍ストア
◇Kindleストア  (リンク »)
◇iBooks  (リンク »)
◇Google Playブックス  (リンク »)

■「ニューズブック」とは
「ニューズブック」は、日本各地の新聞社と、株式会社学研プラスとがタッグを組んで展開する、電子書籍シリーズプロジェクトです。各地の新聞社には、新聞記者が丹念に取材し記事にしてきた良質なコンテンツが数多く存在します。その地元の新聞読者を中心に読まれてきた深く掘り下げられた地域の情報を、地域文化や地方創生、観光、高齢化問題などあらゆるテーマに沿って1冊ずつ電子書籍化し、順次配信していきます。

■「ニューズブック」配信中タイトル  価格各300円(税別)

徳島発 幸せここに 第1巻 若い力を惹き付ける地方の挑戦」徳島新聞社
※1.分冊版も各巻100円で同時発売中
2.「ことでん100年 駅ヒトめぐり~高松琴平電気鉄道 3路線51駅を訪ねて~」四国新聞社
3.「轍‐大陸の花嫁‐」静岡新聞社
4.「轍‐特攻せず‐」静岡新聞社
5.「熱闘! 高校野球 栃木100年の記憶~読者が選ぶ名勝負ベスト10~」下野新聞社
6.「ともにくらす~秋田 めぐみの家~」秋田魁新報社
7.「たそがれの時代~さが幸福の肖像~」佐賀新聞社
8.「出会いのカタチ~群馬にみる多様化する現代の『結婚』~」上毛新聞取材班
9.「山歩き里ある記 ベテラン記者が教える茨城の山の楽しみ方」茨城新聞社
10.「あすを生きる「福寿あおもり」目指して 合本版」※ 東奥日報
※10.合本版は800円(税別)、テーマ別6分冊も同時発売中(各巻200円、第1集は無料配信)。
11.「奥七郡から出発 茨城・常陸佐竹氏の軌跡」冨山章一・著 茨城新聞社
12.「元祖爆笑王の秋田近くてトーク」元祖爆笑王・著 秋田魁新報社
13.「『21世紀銘仙』誕生」上毛新聞社

地方紙の記事から生まれた良質のコンテンツをお届けします。
続巻にご期待ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]