半数以上の回答者が「取締り・罰則の強化」に肯定的「ながらスマホ」に関するアンケート調査結果を発表しました!

JAF 2017年11月10日

From PR TIMES

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟 会長 矢代 隆義)は、10月13日(金)~10月31日(火)までの19日間、JAFホームページにて歩行中や自動車・自転車運転時のスマートフォン(以下、スマホ)操作(いわゆる“ながらスマホ”)について調査する“「ながらスマホ」に関するアンケート調査”を実施し、その集計結果をまとめました。



本アンケートは、“自動車運転中の「ながらスマホ」は危険であると思いますか?”など「ながらスマホ」に関するユーザーの意識を調査するために実施したもので、47,302件(有効回答数)の回答が得られました。

[画像: (リンク ») ]


“自動車運転中または自転車乗車中の「ながらスマホ」をなくすためには何が必要と思いますか?”という設問では法的な対応が必要と考える「取締りの強化(29.2%)」と「罰則の強化(32.7%)」の2項目で60%を超える結果となりました。

また、“歩行中の「ながらスマホ」は危険であると思いますか?”という設問では全体で92.5%が「そう思う」と回答しましたが、20歳代以下の方は77.9%であるのに対し、60歳代以上の方は95%以上となっており、世代による意識の違いも見られました。

あわせて日常生活におけるスマホのマナーについてどう思うかも調査しました。

JAFでは以前より、歩行中や自動車運転中の「ながらスマホ」の危険性についての実験結果を公開し、注意喚起を行なっています。「ながらスマホ」は画面に意識が集中して周囲への注意力が散漫になります。安全な運転に支障をきたし、事故に繋がる可能性のある危険な行為です。周囲に気を配り思いやりのある行動を心がけましょう。


▼ユーザーテスト
歩行中の「ながらスマホ」の危険: (リンク »)
自転車乗車中の「ながらスマホ」の危険: (リンク »)
運転中の「ながらスマホ」の危険: (リンク »)

▼Omoiyalty Drive: (リンク »)
(思いやりのある運転を呼びかけるプロジェクト。第二弾のテーマは「ながらスマホはNO」)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]