大泉洋の関連著書、待望の声に応え初の電子書籍化へ 話題の『騙し絵の牙』含む2作品同時発売!

株式会社KADOKAWA 2017年11月13日

From PR TIMES

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は俳優・大泉洋関連の書籍2タイトル、『大泉エッセイ』、『騙し絵の牙』の電子書籍版を同時に刊行いたします。



【約4年の歳月を経て、いよいよ電子化!】
累計44万部突破の『大泉エッセイ 僕が綴った16年』が電子書籍版刊行へ
&大泉洋が読者の脳内で動き回る、話題のベストセラー『騙し絵の牙』(塩田武士 著)
大泉洋の関連図書、2冊同時に電子版刊行!

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


12月に映画『探偵はBarにいる3』の公開を控え、2017年も怒濤の活躍をみせる俳優・大泉洋。その大泉洋史上初めて、自身が執筆に関係した文芸作品を電子書籍化&一挙2冊同時刊行が決定!

『大泉エッセイ 僕が綴った16年』は、大泉自身が学生時代から執筆してきたエッセイ集で、カバーの装画をマンガ家・あだち充が担当(大泉洋を描いた)。昨年末には台湾翻訳版も発売するなど、未だ重版も続々止まらないほどの大ベストセラーとなり、電子化待望の声も多数あがっていたが、発売約4年を経ていよいよ電子化の刊行が実現! また、昨年数々の文学賞を受賞し“今、一番次回作が待たれている”作家・塩田武士が、大泉洋を主人公に<完全あてがき>した小説が今秋刊行、各メディアで話題沸騰中の最新刊『騙し絵の牙』も同時発売に! 電子出版界でも「大泉洋旋風」到来!?


大泉洋が鮮やかに脳内再生される新感覚小説!
『騙し絵の牙』(塩田武士 著)

[画像3: (リンク ») ]

主人公に大泉洋を「あてがき」した作家・塩田武士による社会派長編小説。出版界の光と影を圧倒的リアリティ筆致で描いた重厚なストーリーの中、太陽のような明るさと才知に長けた主人公として「あてがき」された大泉洋が、まるで息遣いが聞こえてくるように読者の頭のなかで話し、動き回る!


なんと電子版限定特典付き!
『大泉エッセイ 僕が綴った16年』

[画像4: (リンク ») ]

大泉洋が大学在学中の1997年から雑誌連載で綴ってきた幻の原稿108編と、40歳になった自身を振り返りつつ執筆した4編を一挙収録した大人気エッセイ集。爆笑必至、胸が熱くなる大泉ワールド全開の一冊。
今回電子書籍オリジナル特典として直筆コメントが付いてきます!


■主な取扱電子書店ストア
1.=『騙し絵の牙』 2.=『大泉エッセイ 僕が綴った16年』

【Amazon】
1. (リンク »)
2. (リンク »)

【DMM】
1.2.共同ページ
(リンク »)

【ブックウォーカー】
1. (リンク »)
2. (リンク »)

【紀伊國屋書店】
1. (リンク »)
2. (リンク »)

【dブック】
1. (リンク »)
2. (リンク »)

【BookLive】
1.2.共同ページ
(リンク »)


■紙版書籍情報
タイトル:大泉エッセイ ~僕が綴った16年
著  者:大泉洋
装  画:あだち充
定  価:680円+税
仕  様:文庫版/402ページ
I S B N:978-4-04-102610-6
発   売:KADOKAWA

タイトル:騙し絵の牙
著  者:塩田武士
写真(モデル):大泉洋
定  価:1,600円+税
仕  様:四六判/384ページ
I S B N:978-4-04-068904-3
発   売:KADOKAWA

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

株式会社KADOKAWA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]