ウフル、「ウイングアークフォーラム2017」出展のお知らせ

株式会社ウフル 2017年11月13日

From PR TIMES



株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、2017年11月14日、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催される「ウイングアークフォーラム2017(東京開催)」に、シルバースポンサーとして出展いたしますので、お知らせします。

「ウイングアークフォーラム 2017」は、ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸、以下、ウイングアーク)が開催する『データを活用した様々な独創的・先進的なソリューション』をご紹介するカンファレンスです。最新テクノロジーへ対応する革新的なデータ活用ソリューションや、データの力で企業のビジネスモデルや「働き方改革」を実現したお客様事例、そしてデータの力で企業のビジネスと働く人を支援する今までにない独創的かつ先進的な数々のソリューションをご紹介します。

■展示会概要

[画像: (リンク ») ]

ウフル展示ブースでは、10月に発表したIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」の標準デモに加え、enebular活用事例やウイングアークのMotionBoard利用法の紹介などを予定しております。

参考)デジタルトランスフォーメーションを加速させるIoT基盤システム「enebular」エンタープライズ・プランを発表(2017年10月18日発表) (リンク »)

■enebularについて
「enebular」は、ウフルが提供するIoTオーケストレーションサービスです。
エッジデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、様々なクラウドサービスとの連携を簡便に実現し、多数のデバイスが協調するIoTシステムの最適なオペレーションを支援します。また、商用展開可能なセキュリティとスケーラビリティとを備えています。2014年のリリース以来、IoT/AIを活用してデジタルトランスフォーメーションに取り組む様々な企業に導入いただいています。2017年5月には、英Arm社との間で、同社のIoTデバイス管理プラットフォーム「Arm Mbed Cloud」のパートナー契約を締結したことにより、クラウド・エッジデバイス・エンドデバイス全てにおけるセキュリティ、特にハードウェアレベルのセキュリティを重視した開発が可能となりました。

■株式会社ウフルについて( (リンク ») )
株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献します。
IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて、エンジニアやクリエイター、コンサルタントやデータサイエンティストといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウフルの関連情報

株式会社ウフル

株式会社ウフルの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。