「四大疾病ヘルスケア・サポートサービス」販売開始

ティーペック株式会社 2017年11月13日

From PR TIMES

企業の健康経営を支援するティーペックが精密検査から治療までをワンストップで支援

ティーペック株式会社は、「四大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病)ヘルスケア・サポートサービス」(以下、四大疾病HCSS)を企業、健康保険組合等に向け販売開始します。



[画像1: (リンク ») ]

24時間電話健康相談、名医紹介サービス、メンタルヘルスカウンセリング等の健康経営支援サービスを提供するティーペック株式会社(東京都台東区 代表取締役社長 砂原健市 以下、T-PEC)は、「四大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病)ヘルスケア・サポートサービス」(以下、四大疾病HCSS)を企業、健康保険組合等に向け販売開始します。

四大疾病HCSSは、
1.24時間・年中無休の電話による健康相談(ハロー健康相談24(R))、
2.糖尿病専門医の受診手配・紹介(優秀糖尿病臨床医ネットワーク・サービス)、
3.電話と面談によるセカンドオピニオンの手配・紹介と国内有数の医療機関の受診手配・紹介サー
ビス(*ベストホスピタルネットワーク(R))
に加え、新たに
4.二次検診(精密検査)に対応する全国791医療機関の受診手配・紹介(二次検診ネットワーク)
を提供するものです。
 *
[画像2: (リンク ») ]

●検診、セカンドオピニオン、受診手配・紹介をワンストップで可能にし、
精密検査受診率の向上に寄与 

二次検診ネットワークは、臨床検査受託事業や健診事務代行サービス等を手掛ける株式会社LSIメディエンスが提携している健康診断・人間ドックなどの健診機関および医療機関の一部を活用します。
これにより、健診および日常的な健康・医療に関する電話相談をはじめ、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)と糖尿病など生活習慣病に関する相談と専門医療機関でのセカンドオピニオンや治療の受診手配・紹介がワンストップで可能になります。

●コラボヘルス、健康経営を支援

近年、健康保険組合と企業(事業主)が連携して従業員とその家族の健康維持・改善を目指す「コラボヘルス」や従業員の健康管理を経営の視点で捉え、戦略的に取り組む「健康経営」(注)に対する行政の支援や健康保険組合・企業の取り組みニーズが高まっています。
四大疾病HCSSは、これらの推進を具体的に支援するサービスであり、早期発見・早期治療を促し重症化予防による医療費抑制や、治療期間の短縮による生産性向上が期待できます。
また、今後は疾病の疑いのある対象者の絞り込みや受診勧奨サービスの展開も検討していきます。
健診結果や人間ドックの結果データ保有方法や受診勧奨の優先順位など、健康保険組合や企業のニーズを考慮してサービスを構築・提供する予定となっています。
[画像3: (リンク ») ]
会社概要
社名:    ティーペック株式会社 URL : (リンク »)
本社住所: 〒110-0005 東京都台東区上野5丁目6番10号 HF上野ビルディング
代表取締役社長: 砂原 健市
事業内容: 24時間電話健康相談事業のパイオニア、名医紹介サービスやメンタルカウンセリング提供事業の
リーディングカンパニー
2017年にホワイト500に認定されました。
[画像4: (リンク ») ]


【本件に関する問い合わせ先】
担当 : 営業支援課  塩崎・佐藤(恵)
TEL : 03-3839-1105  Mail : marketing@t-pec.co.jp
  
  (注)「健康経営(R)」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。