映画前日譚『GODZILLA 怪獣黙示録』の無料試し読み公開!

株式会社KADOKAWA 2017年11月14日

From PR TIMES



11月17日(金)ついに公開されるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』。角川文庫とのコラボも発表され、早くも今年最大の話題作になりつつありますが、角川文庫ではプレストーリー『GODZILLA 怪獣黙示録』が公開に先立ち刊行されています。

ゴジラをはじめ東宝怪獣に熱い思いを持つ俊英作家、大樹連司(ニトロプラス)さんが映画シナリオ担当の虚淵玄(ニトロプラス)さんの監修のもと、超弩級の怪獣小説を書き上げました。好評につき緊急重版も決定しました。

文芸情報サイト「カドブン」では本日より本作の冒頭「カマキラス」篇の試し読みを公開いたします。映像世界に迫る臨場感とリアリティに震えてください!
[画像1: (リンク ») ]

●『GODZILLA 怪獣黙示録』試し読みページ
(リンク »)

●書籍情報


角川文庫『GODZILLA 怪獣黙示録』
著:大樹連司(ニトロプラス)/監修:虚淵玄(ニトロプラス)
2017年10月25日発売
定価:本体560円+税
A6判・並製/224頁
内容紹介:ゴジラ――かつて万物の霊長を僭称していた我々は、あの恐るべき怪獣と出会い、戦い、敗れて地球を追われた。当時最前線の兵士だった者、彼らを指揮する将官あるいは政治家、科学者だった者、あるいは一般市民、幼い子供だった者。これはそんな一人一人が語った、抗戦と敗北の記録である。果てしない絶望の日々を、人々はいかに生き抜いたのか? ――謎に満ちたアニメ映画版『GODZILLA』の前史を読み解く唯一無二の小説版!
(リンク »)

●著者プロフィール
大樹 連司(おおき れんじ)
1982年生まれ。ライトノベル作家、シナリオライター。2017年よりニトロプラス所属。著書に『ほうかごのロケッティア School escape velocity』『オブザデッド・マニアックス』など。ノベライズに『スマガ』など。虚淵玄(ニトロプラス)脚本による映像作品のスピンオフ・ノベライズを手がけるのは、『楽園追放2.0 楽園残響 ―Godspeed You―』に続き、本作で二作目となる。

●映画情報
[画像2: (リンク ») ]

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』
11月17日(金)全国公開
監督/静野孔文 瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
アニメーション制作/ポリゴン・ピクチュアズ 製作/東宝 配給/東宝映像事業部
出演/宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和
梶裕貴 諏訪部順一 小野大輔・三宅健太・
堀内賢雄・中井和哉・山路和弘

映画公式HP: (リンク »)
映画公式twitter:@GODZILLA_ANIME

(C)2017 TOHO CO., LTD.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

株式会社KADOKAWA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]