技術者のスキルや要員管理を無料で行う中堅中小IT企業向けのクラウドサービス「Meeepa(ミーパ)」提供開始

TDCソフト株式会社 2017年11月14日

From PR TIMES

~技術者のスキル情報を把握し最適なリソース管理を実現~

TDCソフト株式会社(本社:東京都渋谷区代々木、代表取締役社長:谷上 俊二、 (リンク ») 以下、「TDCソフト」)は、IT企業における技術者管理を効率化するクラウドサービス「Meeepa」(ミーパ)をリリース致しました。





【サービスのポイント】


IT企業の技術者管理の効率化を実現するプラットフォーム「Meeepa」
ファーストリリースとして技術者のスキルシート管理のアプリケーションを無料で提供開始
技術者を起点とした商談機会の創出、調達等をスムーズに実現。受発注・請求・精算等のEDI機能(有料機能)を近日リリース予定



[画像1: (リンク ») ]



【サービス概要】

「Meeepa」はスキルシート管理を始めとするIT企業の業務効率化に向けたツールを提供するプラットフォームサービスです。今回はファーストリリースとして「スキルシート管理」のアプリケーションを無料提供いたします。本サービスの導入により、技術者のスキルシートをクラウドにて入力・管理することができるため、技術者のスキル状況や職歴など「知りたい技術者」の詳細情報をその場ですぐに確認することができます。これにより新規プロジェクトの候補者、声かけリストなど自由な切り口でリストアップができ、提案機会を逃さない効果的な営業活動を実現することができます。

また、リストにまとめた技術者のスキルシートをパートナー企業が閲覧することができ、細やかな権限設定で「知らせたい技術者」の情報を起点に、スキル不足・要員不足を補う新たなプロジェクトの商談機会を創出することができます。

さらに、パートナー企業の技術者を「保有スキルやスケジュールの空き状況など」から検索することもでき、パートナー企業からの技術者調達を速やかに行うことができます。

[画像2: (リンク ») ]


TDCソフトでは今後、IT企業の業務効率化に向けた各種ツールを「Meeepa」上に拡張して参ります。広くご利用いただけるように、簡単、便利、安価なサービスを目指します。


【サービスの主な特徴】

<効率化>
技術者のスキルは技術者本人で更新することができるため、本社が必要な時に、リアルタイムに必要、かつ空いている人材をアサインできる。
<商談発掘>
Meeepaに登録している他社と「フレンド(パートナー企業)」として登録することで、技術者検索ができ、受発注・請求・精算も行うことができる。
<低価格>
「技術者スキル管理」、「パートナー企業の技術者検索」は無料。パートナー企業との受発注・請求・精算等のEDI機能」は別途有料予定。


【サービスサイトURL】

(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]



■TDCソフト株式会社について
会社名  TDCソフト株式会社
代表者  代表取締役社長 谷上 俊二
創業   1962年(昭和37年)10月16日
上場市場 東京証券取引所 市場第一部(証券コード4687)
資本金  9億7,040万円(2017年4月現在)
所在地  東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル

■本リリースおよび製品に関するお問い合わせ先
TDCソフト株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル8F
03-6730-8131 tdcsoft_salesplanning@tdc.co.jp
マーケティング部 担当:大西、藤本

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]