ロボットの超低遅延無線遠隔操作のデモを日本科学未来館で行いました。

Revatron株式会社 2017年11月14日

From PR TIMES

汚染地帯、危険地帯でロボットを無線遠隔操作できる新未来システム。

NTTドコモ主催、日本科学未来館で11月9日から11日まで開催された『見えてきた“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル』で、新日鉄住金ソリューションズが開発した遠隔地から無線でロボットを動かすシステムソリューションの一部にRevatronの超低遅延映像伝送システムが採用されました。



オペレーターは、センサースーツにヘッドマウントディスプレイを装着するだけで、ほぼ遅延なしでロボットのカメラからの映像をVR映像として見ながら、ロボットの遠隔操作が可能です。

[画像: (リンク ») ]

ロボットの目として装着されたカメラの映像伝送には、超低遅延映像圧縮の技術が必要となり、これまで二眼のフルHD60fpsの映像をリアルタイムでサイドバイサイド映像としています。
オペレーターは、没入感のあるVR映像としてロボットの目から見た風景をリアルタイムで見ることが可能です。
 ヘッドマウントとセンサースーツの動きが無線でロボット側に伝わる為、オペレーターが使い方を学ぶ必要なく、自分が動いているかのような感覚だけでロボットの操作が可能となったところです。


将来的に、無線で遠隔操作できるロボットが、危険地帯や汚染地帯で活躍できる日が来ることを楽しみにしております。

【超低遅延VR映像伝送システムのお問合せ】
Revatron株式会社(レバトロン)
浅田麻衣子
TEL 03-5859-0155

(リンク »)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。