InsurTechスタートアップのjustInCase、 500 Startups Japanより資金調達を実施

株式会社justInCase 2017年11月16日

From PR TIMES

スマホ保険事前受付を2017年11月16日より開始

株式会社justInCaseは、500 Startupsより資本調達を実施。本日より第一弾商品スマホ保険の事前登録を開始。



最新のテクノロジーを活用し新しい保険を展開する株式会社justInCase(本社:東京都港区、代表取締役:畑 加寿也)は、世界60ヶ国で1900社以上に投資するグローバルベンチャーキャピタル、500 Startups(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、CEOクリスティン・ツァイ)の日本ファンド500 Startups Japan(本社:東京都千代田区代表:James Riney。以下、「500 Startups Japan」)を引き受け先とした第三者割当による新株予約権の発行を実施いたしましたのでお知らせいたします。今回の資金調達はJ-KISS型新株予約権方式で実施し、調達額は非公開となっております。

[画像1: (リンク ») ]



株式会社justInCaseは、現在、少額短期保険業者の登録に向けて、監督当局である関東財務局と話を進めており、2018年の正式開業に向けて準備を進めております。InsurTech(インシュアテック、保険テック)保険会社として、最新のテクノロジーで保険の無駄を省き、日本にはこれまでに無かった保険体験を提供いたします。

新たな保険の第一弾として、本日よりスマホ保険の事前登録の受付を開始致しました。スマホ保険は、AIアルゴリズムを利用してユーザの行動パターンなどを解析し、各ユーザーに合わせた最適な保険料の提供を実現するスマホ故障の修理代を負担する保険です。大手保険会社ともパートナーシップを組みながら、今後も大手保険会社が提供しないようなニッチな商品の提供を行います。また、本日リリースに合わせて開催のTechCrunch Tokyoのスタートアアップバトルにも登壇いたします。

【500 Startups Japan 代表James Riney氏よりコメント】
保険業界は、業界の人でなければわからないことの多い、ブラックボックスな業界のひとつです。また、テクノロジーも十分に行き届いていません。私たちは保険そのものにテクノロジーを組み込んだ、新しい時代のInsurTech企業「justInCase」を支援することで、最新技術を活用したユーザーフレンドリーな保険が、全ての人に提供されることを非常に嬉しく思います。

【スマホ保険について】
スマホ保険は、
1. スマホアプリで契約から保険金請求まで全て完結
2. ユーザーのリスクに応じた保険料
3. 友達と保険体験をシェア
を特徴とする保険です。

[画像2: (リンク ») ]



【株式会社justInCaseについて】
会社名 : 株式会社justInCase( (リンク ») )
代表者 : 代表取締役 畑 加寿也
設立 : 2016年
所在地 : 東京都港区芝浦1-8-3-808
事業内容 : 少額短期保険業の準備
採用情報: (リンク »)
本件に関する問い合わせ先: (リンク »)

【出資者について】
500 Startups Japan( (リンク ») )
所在地:東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F Global Business Hub Tokyo
代表:James Riney

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]