新品種のじゃがいも「ぽろしり」、作付面積が昨年対比175%アップ! 新品種開発にチャレンジする理由をオウンドメディア「じゃがいもDiary」にて公開

カルビー株式会社 2017年11月16日

From PR TIMES

「じゃがいもDiary」  (リンク »)

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 COO:伊藤秀二)は、2016年から北海道を中心に普及を進めてきた、カルビーグループ初の自社開発品種「ぽろしり」に関する取り組みを、オウンドメディア「じゃがいもDiary」にて公開しています。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

 カルビーのグループ会社であるカルビーポテト株式会社(本社:北海道帯広市 代表取締役社長 中村一浩)は、北海道優良品種(2015年2月登録)で、自社開発品種の「ぽろしり」を、2016年から北海道を中心に普及を進め、帯広市で約200ヘクタールだった作付面積を、2017年に約350ヘクタールと生産規模を増やしました。また、2018年に500ヘクタールに広がるものと試算し、さらなる安定供給へ向け、生産者の協力のもと、生産体制を整えています。

 カルビーでは、6月に開始したオウンドメディア「じゃがいもDiary」※( (リンク ») )にて「ぽろしり」の開発メンバーである、カルビーポテト馬鈴薯研究所品質開発課課長の津山睦生に取材をした内容を公開します。記事内では、じゃがいもの新品種「ぽろしり」を開発することになった経緯や、新品種の開発の難しさ、今後の予定などが記載されています。

※オウンドメディア「じゃがいもDiary」は、「カルビー」の新しい取り組みと、ポテトチップスの原料である「じゃがいも」や、生産現場の「北海道」という3つの軸を中心に、お客様に向けて様々なニュースを発信しています。「じゃがいもDiary」は今後もこのように、じゃがいもの開発や北海道の生産現場に密着したニュースを、サイトで発信し続けてまいります。
「じゃがいもDiary」  (リンク »)


------------------------------------
【じゃがいもDiary「ぽろしり」の取り組み記事概要】
記事内容に関しては、別資料「インタビュー詳細」をご覧ください。
●「ぽろしり」の開発は、カルビーポテト株式会社が、じゃがいもの重要な病害虫である「ジャガイモシストセンチュウ」や商品価値を損なう「そうか病」に強い抵抗力を持つじゃがいもとして、安定供給を目指したもの。
●従来からあった品種のじゃがいも、「トヨシロ」が9月上旬から、「キタヒメ」と「スノーデン」が9月下旬から収穫が始まるのに対し「ぽろしり」は9月中旬のため、収穫時期をずらすことで生産者の負荷を軽減。また、天候や病気などの収穫リスクの分散ができることで、原料調達の安定化にも寄与。
●「ぽろしり」の作付面積については、2018年に500ヘクタール超に広がるものと試算。さらなる安定供給へ向け、生産者の協力のもと、生産体制を整えている。
●2018年には試験栽培を終えて一般栽培に移行できる「新品種」が用意されており、新品種を継続してリリース。生産者に選んでもらえるさまざまなバリエーションの品種を用意していく。
▼取材記事のPDFはこちら
(リンク »)
------------------------------------

本件に関するお問い合わせ先
カルビー株式会社 コーポレートコミュニケーション本部広報部広報課
担当:野原・幕内
電話:03-5220-6226
FAX:03-5220-6298
Eメールアドレス:press@calbee.co.jp
▼本リリースのPDFはこちら
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

カルビー株式会社の関連情報

カルビー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]