空前のマンホールブームに際し、AIおでかけガイド「Deaps」が11月17日(金)よりご当地マンホール特別企画を開始します。

Deaps Technologies株式会社 2017年11月16日

From PR TIMES

きっとマンホールが大好きになる方へ、「Deaps」はAIがユーザーに個別最適された観光情報をお届けする、新しい「おでかけガイド」です。

AIおでかけガイドアプリ「Deaps」が、11月18日(土)に岡山県倉敷市で開催されるマンホールサミットに合わせ、11月17(金)~19(日)の期間限定で、ご当地マンホール特別企画を配信します。(協力:マンホーラーmorimoさん)



近年、観光のニーズは多様化しており、全国の「ご当地デザインマンホール」を巡る「マンホーラー」がにわかに増加中です。ご当地ならではの情報を、直径60cmに凝縮したデザインマンホールは、新しい観光スポットの一つとして注目され、昨年よりマンホールのデザインの由来を記載したマンホールカードが、各地の観光案内所でも配布されています。

AIおでかけガイド「Deaps」は、自社開発したAIが、ユーザーの趣味嗜好や潜在的な興味、キーワード検索では収集できない希少な情報を深く分析し、ディープなおでかけ体験のガイドを可能にした、新しいおでかけガイドアプリです。「Deaps」:appsto.re/jp/05Nygb.iv
[画像1: (リンク ») ]



「新しい観光資源」として注目されているマンホールを、AI が潜在的に「おもしろい!」と思う多くの方々へお届けするため、「Deaps」は11月18日(土)に岡山県倉敷市で開催されるマンホールサミットに際し、11月17(金)~19(日)の期間、ご当地マンホール特別企画を配信します。(協力:マンホーラーmorimoさん)
今回コラボレーションしたmorimoさんは、日頃からマンホールを撮りため、日本全国を行脚し、総数2万枚のマンホールを撮影した、生粋のマンホーラーです。特別企画では、morimoさん厳選のマンホール写真とマンホール愛に溢れた解説がお楽しみ頂けます。

[画像2: (リンク ») ]



「Deaps」は、オープンなSNSプラットフォームであるため、これまで行ったマンホール、その周辺スポットなど、ユーザーが好きなスポットを自由に投稿でき、ユーザー同士の交流も可能です。morimoさんが付けた「#マンホール」マップに参加し、マンホーラーのみなさんと一緒に、マンホールマップの完成を目指してお楽しみ頂ければと思います。

[画像3: (リンク ») ]

AIおでかけアプリ「Dpaps」ダウンロードURL:appsto.re/jp/05Nygb.i

【 おでかけアプリ「Deaps」について】
1.利用者の趣味嗜好にピッタリの価値ある情報を瞬時に提案
利用者の趣味嗜好は、「Deaps」における操作履歴や、お気に入り登録しているプランやスポット、コメントの内容、行動パターンなどから、AIが質的かつ量的に分析します。利用者が「Deaps」にログインすると直後に、季節や場所、流行なども織り込んだお薦めのプランやスポットが表示されます。

2..新たな感動や発見が得られる特別な旅のプランやスポットを提案
利用者の趣味嗜好の属性は、利用者の操作履歴情報はもちろんのこと、同じ趣味嗜好をもつ人々のオリジナル情報をもとに拡大されていきます。例えば、マンホーラーが「Deaps」にログインすると、同じマンホール好きの人が夢中になっている別の趣味の中から、ダムや電車、映画の舞台といった利用者も気づいていなかった潜在的な需要を喚起する意外なお薦めプランや、自分では探し出せないスポットが提案されます。これにより、利用者はガイドブックなどでは得られなかったニッチで希少な情報を得られるため、新しい感動や発見が生まれ、より深い旅やおでかけを楽しむことができます。

3.自分の体験を発信し、旅の提案者に
利用者はおすすめのスポットを登録したり、皆が知らない興味深い巡り方や観光地の方々ですら気づいていない魅力などを発信したりできます。また、本日のお薦めイベントやその場所で、その時間にしか体験できないことをタイムリーに発信することもできます。
同じ趣味嗜好をもつ人々により興味深い情報を提供できるため、同じ趣味を楽しむ人々とのつながりを広め、深めることができます。さらに、自分の登録したオリジナルプランは、人々の体験により深い体験や情報が加わったり、同じ趣味嗜好をもつ人々が夢中になる別のテーマが組み合わさったりするなど、利用者の集合知によって意外な方向に発展していく魅力もあります。

【 Deaps Technologies株式会社 について 】
社 名: Deaps Technologies株式会社 (ディープス テクノロジーズ) 
本 社: 東京都中央区新川2−20−8八町堀スクエア7階
Tel: 03-6222-8970(代表) Fax: 03-6222-8971
設 立: 2016年7月15日。株式会社富士通システムズ・イースト(現富士通株式会社)のベンチャー第一号。
資 本 金: 301万円 (代表取締役CEO 66%、株式会社富士通システムズアプリケーション&サポート 34%)
U R L:  (リンク »)
代 表 者: 宮本 章弘(代表取締役CEO)
社 員 数: 7名
事業内容: AIを活用したソリューション・サービスの開発および運営提供
売上目標: 20億円 (2021年度までの累計)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]