日経電子版、Slackとの連携サービスを開始

株式会社 日本経済新聞社 2017年11月17日

From PR TIMES

ビジネスに必要なニュースを、チャットボットで楽しく、効率的に提供

 日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は、『日本経済新聞 電子版』と、米Slack Technologies, Inc.(カリフォルニア州サンフランシスコ)のビジネスコラボレーションツール『Slack』との連携サービス『Nikkei for Slack』を始めました。Slack上に日経の注目ニュースや興味のあるトピックに関係したニュースを表示*します。会話形式のチャットボットで意見のやりとりに馴染みやすく、職場での知識の共有や、コミュニケーションの活性化に役立ちます。 






詳しくはこちらをご覧下さい
(リンク »)
[画像: (リンク ») ]

Slackは米シリコンバレーの企業を中心に支持を集めているビジネス用チャットです。メッセージをやりとりする際に、返信希望や重要度などをきめ細かに設定できるほか、絵文字、ファイル共有やタスク管理など他のツールとの連携など、円滑に仕事をするしくみがあります。現在、世界で600万人以上の利用者がいます。

日経は140年の歴史を持つ新聞社ですが、2010年創刊の「日経電子版」を中心にデジタル対応を進めています。社内には多くのエンジニアやデザイナーがおり、最先端の技術を駆使して、より素早く快適に情報をお届けすべく努力しています。働き方の効率化も進めており、エンジニアを中心に企画や営業、編集など社内の幅広い部門でSlackを活用しています。今回のサービスは、普段からSlackを使っているユーザーの視点から開発したものです。

---------------
Nikkei for Slackの機能

朝夕刊の定期配信
その日の大事なニュースをお届けする朝刊・夕刊。中でも特に重要な1面の記事をお届けします。

人気急上昇ワードの定期配信
日経電子版での検索回数が増えているキーワードと、関連記事をお届けします。ビジネスパーソンの関心事がわかります。

登録キーワードの自動配信
興味のあるキーワードを登録しておけば、関連する記事が公開されるとお知らせします

詳しくはこちらをご覧下さい
(リンク »)

日本経済新聞社について
1876年以来、約140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えています。主力媒体『日本経済新聞』の発行部数は約270万部で、国内61カ所の取材拠点で1300人超の記者が取材・執筆。2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は54万超、有料・無料登録を合わせ360万に達します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。