【Pepperによるレジ業務の自動化を実現する「レジ for Pepper」を開発】

株式会社ヘッドウォータース 2017年11月20日

From PR TIMES

~Pepperが3か国語で注文から決済までを行うレジ要員になるアプリ~

 株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介)は、ソフトバンク株式会社が提供する、ロボット一体型の本格セルフレジシステム『レジ for Pepper』の開発に協力しました。『レジ for Pepper』は、2017年12月4日より提供開始されます。



[画像: (リンク ») ]

労働人口の減少に伴い、店頭スタッフの一人当たりの負担が重くなる中、接客業では人手不足と生産性向上、人件費高騰が課題となっております。
そこで、ソフトバンクロボティクスが提供する人型ロボット「Pepper」に「レジ要員」としての代替となる機能を持たせた「レジ for Pepper」の開発に協力しました。

「レジ for Pepper」は、お客様の呼び込み、商品レコメンド、オーダリング、決済、POS連携まで一気通貫したロボットで行うセルフレジ一体型システムです。

決済端末、POSと連携しQR決済や電マネーなど幅広い決済種別に対応し、接客はPepperが行う事で、レジ業務の自動化を実現します。

また、ロボットならではの業務として、日中英の三ヶ国の対応をすることでインバウンド顧客対応を行い、クラウドロボティクスプラットフォーム「SynApps」を活用することで、アイテム数が多くとも詳細な商品情報を記憶している商品紹介、いつまでも顔を忘れない顔認識型接客対応、顧客の購買履歴や行動履歴による商品レコメンドを実現しています。

■主な機能
・3ヶ国語対応(日中英)
・商品オーダリング
・待ち札印刷
・レシート印刷
・音声商品検索
・オススメ+1
・顧客属性によるレコメンド
・購買ログによるレコメンド
・顔認識によるパーソナルな接客
・POS連携
・キッチンプリンタ連携
・決済機能
 ・Origami Pay
 ・Alipay
 ・nanaco
 ・交通系(Suica, Kitaca, PASMO,TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん)
 ・iD
 ・QuickPay
 ・WAON
 ・レジ連携

今後も、より多くの決済方法、POSシステムとの連携のほか、AIを活用し顧客の購買情報を分析・学習・予測できる機能を拡張していきます。


■SynApps(シナップス)とは
クラウドからロボットに賢さを提供するロボットアプリプラットフォームです。
インターネットに接続できる様々なデバイスをIoTでデータ連携や蓄積を行い、更に、コンポーネント化されたAI機能を簡単活用ができ、各種サービスともAPI連携する事で、データ横断型インテリジェンスアプリケーションの開発を加速と、AI/IoT/ロボティクス運用管理を行う事が可能です。
2016年4月より提供を開始しています。
紹介サイト: (リンク »)

■会社概要
社 名:株式会社ヘッドウォータース
URL: (リンク »)
所在地:東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル7F
設 立:2005年11月
資本金:1億 4,374万円
代表者:代表取締役 篠田庸介
事業内容:ロボットアプリ開発、AIインテグレーション

【お問い合わせ先】
株式会社ヘッドウォータース  担当:塩澤、依光
TEL:03-5363-9361  Email:info_robot@ml.headwaters.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。