コンテンツ・マーケティングをグローバルで展開するアリソン・アンド・パートナーズ、「ソーシャルメディアと購買動向に関する調査(アジア版)2017」を発表

アリソン・アンド・パートナーズ株式会社 2017年11月20日

From PR TIMES

コンテンツ・マーケティングのリーディング・カンパニーとしてグローバルでサービスを提供するアリソン・アンド・パートナーズ(東京都港区)は「ソーシャルメディアと購買動向に関する調査(アジア版)2017」を発表しました。

調査の結果、ブランド認知を高め、購入決定に影響をおよぼすのはソーシャルメディア・ユーザーの中の「エンゲージド・エンスージアスト(熱狂的支持者)」と呼ばれるグループだとわかりました。ソーシャルメディアのインフルエンサーやオピニオンリーダーを信頼してフォローし、また、チャネルを通じてマーケティングコンテンツを受け入れ、ほかの人に推奨する可能性が高いグループです。「エンゲージド・エンスージアスト」は口コミやプレファレンス(消費者のブランドに対する相対的な好意度)を訴求するブランドにとって重要なターゲットとなります。

「エンゲージド・エンスージアスト」は、アジアにおけるインターネットユーザー全体の23%を占め、他のユーザーから影響を受けることに抵抗がないグループと定義され、親しい仲間の意見に影響を与える可能性があります。

「エンゲージド・エンスージアスト」
・79%が他のユーザーに推奨する可能性がとても高い、またはある程度高いと回答しています。その他のソーシャルメディア・ユーザーでは34%でした。

・41%がソーシャルメディアに「おすすめ」を投稿する可能性がありますが、その他のソーシャルメディア・ユーザーは21%でした。

・73%がインフルエンサーまたはオピニオンリーダーからの「おすすめ」を支持しています。その他のインターネットユーザーは25%でした。

本調査は、2017年10月~11月に中国、日本、シンガポールの消費者を対象に当社が独自に行ったものです。一般的な関心事項と、家電製品、モバイル機器、食品/飲料、旅行/レジャー、金融サービスの4つのカテゴリーにおける製品とサービスについての消費者のプレファレンスに関する詳細な情報を取り上げています。

アリソン・アンド・パートナーズAll Toldグループ アジア・パシフィック マネージング・ディレクターのポール・モトラム(Paul Mottram)は次のように述べています。「消費者の購買動向に多角的な情報源から影響をうけるため、マーケティング担当者がブランドのインフルエンサーを選択して優先順位を決定づける施策が必要です。 消費者へのリーチは重要ですが、それがすべてではありません。インフルエンサーたちが、ブランドやその分野で信頼できる人物だと認識されているか、消費者は彼らによる推薦を信頼するかを見極めなければならないのです」

最適なインフルエンサーを見つけるには、厳密な審査と、識別および評価があるプロセスを必要とします。そのために、アリソン・アンド・パートナーズのインフルエンス・インパクト・スコアは、潜在的な影響を決定する複雑な変数を定量化し採点することにより、ブランドにとって最適なインフルエンサーの組み合わせを定義するのに役立ちます。

またモトラムは次のようにも述べています。「インフルエンサー・エンゲージメント・プログラムは、測定可能かつ充分な根拠に基づくものであるべきです。インフルエンス・インパクト・スコアは、マーケティング担当者のためのターゲット選定およびターゲットに対してプログラムの十分な根拠を示すまったく斬新で有益なツールなのです」

本レポートには、アジアの消費者がブランドのどの部分に最も価値を見出すのかという調査結果も含まれています。全体的な傾向として上位2つに「社会的責任を果たしていること」と「消費者の好みに合ったビジュアルレベルであること」があげられます。「アジアの消費者は、良い製品であることだけでなく、見た目にも優れたブランドを選ぶことで消費者の印象がよくなるブランドに価値を見出すようです」とモトラムは述べています。

本調査は、以下のインサイトと実践的なアドバイスが記載されています:
・地域別消費者プレファレンスとソーシャルメディアの活用
・「外部」からの情報と、消費者自身が周囲から得た情報についての関係性
・中国、日本、シンガポールにおける消費者プレファレンスの追加情報と、4つのバーティカル・マーケット(一定の業種に特化した市場)について
・「エンゲージド・エンスージアスト」の影響力をより強化するための戦略
・インフルエンサーとオピニオンリーダーを選択し、優先順位を付ける確実な公式

Influence Impact Report について
活発なインフルエンサーのエコシステムにおいて、Influence Impact Reportは消費者を後押しするダイナミックな力を探求する調査レポートシリーズです。当レポートは、アリソン・アンド・パートナーズが消費者パネルを提供するQualtrics Insight Platformを通じて、中国、日本、シンガポールの合計3,065人のネットユーザに対して2017年10月~11月の間に実施したオンライン・アンケート調査をもとにまとめられました。Influence Impact Reportの詳細はこちらよりダウンロードいただけます。 (リンク »)

アリソン・アンド・パートナーズについて
アリソン・アンド・パートナーズ社は、MDCパートナーズ社(NASDAQ:MDCA (リンク ») )傘下の、革新と創造性に優れたアプローチを主体とするグローバル・マーケティング・コミュニケーション企業です。Holmes Reportから “2017 Digital Agency of the Year” および “2016 Asia Pacific Corporate Agency of the Year”を、また、PRWeekから“2015 Midsize Agency of the Year”、In2 SABREからは“2015 Most Innovative Agency of the Year” を受賞しました。当社は、グローバルで28のオフィスを有し、消費者マーケティング、コーポレート、グローバル・チャイナ、ヘルスケア、パブリック・アフェアーズ、およびテクノロジーの6分野に注力しています。リサーチ、コンテンツ、クリエイティブ、デジタルおよび評価方法のノウハウをひとまとめにした当社の”All Told” は、あらゆる分野のお客様に対して、戦略的なストーリー・テリングを提供します。当社は、最も革新的な才能をサポートする先進的なマーケティングとコミュニケーションのネットワークであるMDCパートナーズ社を通じ、世界中の企業とのネットワークおよび密接な連携を得ています。詳細はホームページ( (リンク ») )、Facebook( (リンク ») )、Twitter( (リンク ») )をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]