DJI、「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI JAPAN株式会社 2017年11月21日

From PR TIMES

世界中の学生エンジニアが集結する次世代ロボットコンテスト

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、主催するロボットコンテス「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したことを発表しました。また、2018年のRoboMaster優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと75,000米ドルが授与されます。



RoboMasterは、年次開催されているロボットコンテストで、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エンジニアが世界中から参加し、チーム単位で優勝を目指し、競い合います。RoboMasterは、サイエンスやエンジニアリングを学ぶ学生コミュニティ内で人気を博すとともに、ゲームのエンタメ性に加えて、10,000人を超える観衆の目の前で繰り広げられる決勝ラウンドは、会場での臨場感溢れる音響演出で、誰もが楽しめるエンターテイメントとなっています。RoboMaster 2017の決勝ラウンドは、814,000人以上の視聴者がTwitch.tvで観戦しました。

[画像1: (リンク ») ]

本コンテストに参加するチームは、学生および担当教員から構成されますが、学生以外の方もアドバイザーとしてチームに参加できます。世界中からより多くの学生が参加できるよう、RoboMasterでは、参加チームを技術面および資金面で支援します。プロポーザル・ステージを通過し、2次ステージへ進んだチームには、最大1,500米ドルが支給されます。
詳細は、下記よりご確認ください。
(リンク ») (※英語のみ)

「DJIの情熱は、革新的なドローン技術を開発することだけに注がれているわけではありません。DJIは、若いエンジニアに、自分たちの才能を世界中に披露する機会を提供したいと考えています。ロボット・エンジニアリングが私たちの生活に与えることのできるインパクトと、その創造性溢れる技術を、世界中に披露して欲しいと思っています。RoboMasterは、中国のエンジニアのコミュニティだけでなく、多くの国でも人気が高まってきています。DJIは、2018年のRoboMasterを本格的なグローバルコンテストにしたいと考えており、世界中から才能あふれるエンジニアチームを招き、お互いに学ぶ機会を提供し、スキルを試して頂きたいです。」と、DJIバイスプレジデントのPaul Xuは述べています。

[画像2: (リンク ») ]

2017年のコンテストでは、中国、アジア諸国、米国、英国、ドイツなど、世界中の200の大学から7,000人以上の学生が参加しました。98チームが2回戦の一次予選を通過し、32チームが中国の深センでの決勝ラウンドに進出しました。RoboMaster 2017のハイライトは (リンク ») で視聴できます。

「聡明で才能豊かな学生たちが、ロボット工学の分野で独自のアイディアを開発し、ロボット工学や航空技術の発展のために最新技術を駆使するプロジェクトに没頭する姿を見ることができる素晴らしい機会でした。そして、ここにいる学生たちは、私たちの未来の象徴なのだと感じました。」とロボット研究家でPenn Engineeringの学部長であるVijay Kumar博士は述べています。

RoboMaster 2018への参加方法については、下記URLをご確認ください。
(リンク »)  (※英語もしくは中国語)
さらに詳しい情報についてはrobomaster@dji.comまでお問い合わせください。

RoboMasterをフォローする:
Facebook: (リンク »)
YouTube: (リンク »)

画像はこちらからダウンロードください: (リンク »)

RoboMasterについて
RoboMasterは、DJIが開催する世界で最も進化したロボット工学のコンテストです。革新的なエンジニアリング技術に戦略性とエンターテイメント性を組み合わせた次世代のロボコンで、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エンジニア達が世界中から参加し、チーム単位で競い合います。

近年、RoboMasterは、エンジニアだけでなく、誰もが楽しめるエンターテイメント性の高いロボット大会に進化しています。RoboMaster 2017は、中国、香港、アメリカ、カナダ、英国やドイツなど世界中のエンジニア技術を学ぶ数十万人の学生から広く支持されています。
詳しくは、 (リンク ») をご参照ください。


DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

www.dji.com/jp | facebook.com/dji.jp | twitter.com/djijapan | youtube.com/DJIJapan | instagram.com/dji_japan | www.linkedin.com/company/dji
(C) 2017 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]