オイシックスドット大地が全農グループを通じ、中国へ日本で有機栽培されたお米を輸出

オイシックスドット大地株式会社 2017年11月21日

From PR TIMES

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックスドット大地株式会社は、JA全農インターナショナル株式会社の協力を得て、有機栽培されたお米を日本で初めて、中国へ輸出します。本年12月より、出荷開始予定です。



[画像: (リンク ») ]

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックスドット大地株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下「当社」)は、JA全農の子会社であるJA全農インターナショナル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 川﨑 浩之、以下「JA全農インターナショナル」)の協力を得て、有機栽培されたお米を日本で初めて、中国へ輸出します。本年12月より、出荷開始予定です。

まずは16トン(精米時)の出荷を予定しており、反響により輸出量を拡大していきます。食の安心安全へのニーズが強く、日本食の需要も高まっており世界一の人口を有する中国にて、市場拡大を目指します。


■ 中国での販売先や商品情報について

<販売先について>
北京を中心に有機農産物の宅配事業を展開している『正谷(北京)農業発展有限公司』が販売をします。価格は、kgあたり100元(1700円)程度に設定する予定です。

<商品情報>
・北海道産の有機栽培の「ななつぼし」2Kg
…粒が大きく、つやも良く、粘りや甘みが優れている品種です。

※日本産米の中国向け輸出に当たっては、植物検疫条件により、中国側が認可した指定登録施設で精米・くん蒸等がなされたお米のみ輸出できることとなっているため、有機米としての流通にはなりません


■ 参考1)当社とJAグループの取組みについて

当社では仕入れ先拡大および商品開発の拡充のため、当社の安全基準(Oisix基準)を満たし、かつ安定的な商品の供給が可能な地域農協など、農協関連団体との取引拡大を図っており、昨年対比(1月~7月実績)で取引額が2倍以上になるなど、協業を強化しております。


■ 参考2)当社の中国展開について

当社は、香港に続く海外事業として、本年9月に中国法人「上海愛宜食食品貿易有限公司」を設立、年内に上海にて食品宅配サービスをスタート予定です。

なお、2012年11月、大地を守る会(当時)と中国農村部の貧困問題に取り組むNGO「北京富平(フーピン)学校」が合併会社「北京富平創源農業科技発展有限責任公司」を設立。2013年5月より、天津近郊の自社農場で栽培した有機・減農薬野菜を、北京市中心部の消費者へ配送するサービスを行っています。


オイシックスドット大地株式会社について
オイシックスドット大地株式会社は、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など多様な食品と豊かで楽しい食生活に役立つ情報を、「Oisix(おいしっくす)」および「大地を守る会」にて提供する事業を行っています。2013年7月からは、主に働く女性の「忙しくて毎日の食事に妥協したくない」というニーズに応えるため、Oisix基準を満たした安心安全な食材を使い、5種以上の野菜がとれる主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット「Kit Oisix(きっとおいしっくす)」の展開を開始しました。「オイシックス」と「大地を守る会」が経営統合し、2017年10月に「オイシックスドット大地」が生まれました。本統合により自然派食品宅配業界でナンバーワンの売上となり、生産者ネットワークや物流面でのシナジーを生みだし、更なる市場拡大を目指しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。