新チャンピオン登場!神出鬼没の悪戯ガール『超常の遊び ゾーイ』 ―オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」―

合同会社ライアットゲームズ 2017年11月22日

From PR TIMES

オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(所在地:港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、139体目となるチャンピオン「超常の遊び『ゾーイ』」を11月22日より実装しました。



『ゾーイ』紹介ページ: (リンク »)
チャンピオンスポットライト(動画): (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


■ 新チャンピオン『ゾーイ』

*****
その子供のような姿に騙されてはいけない ――ゾーイは悠久の時を生きる古の存在であり、ターゴンのお告げを世界にもたらす宇宙の使者だ。“超常の遊び”が現れる時、世界の法則は乱れる。ゾーイは強大な力を持つにもかかわらず、よく自らの責務を怠り、シャボン玉を膨らませたり、定命の者にいたずらをして遊んでいる。彼女の真の目的は誰にもわからない―― ただ一つ、楽しみを求めているということを除いて。

“この現実世界には穴がある。…そしてドーナツにも” ―ゾーイ
*****

◇『ゾーイ』のスキル

固有スキル:「スパークル!」
スキル使用後、次に行う通常攻撃で追加魔法ダメージを与える。
[動画] (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

Q:「パドルスター」
小範囲に魔法ダメージを与える星を発射して、命中した敵に固有スキルを適用する。星が飛んでいる間にQを再発動すると、その進行方向を変えて自身の近くの新しい指定位置へと向かわせることができる。星が与えるダメージは星が直線を移動した距離に応じて増加する。
[動画] (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

W:「スペルシーフ」
敵がサモナースペルまたはアイテムの発動効果を使用すると、一定時間「スペルのかけら」がマップ上に残る。またゾーイが一部のミニオンを倒した時にも「スペルのかけら」が落ちる場合がある。「スペルのかけら」を集めると、そのサモナースペルまたはアイテムの発動効果を一度だけ使用可能になる。サモナースペルを使用すると、少しの間だけ移動速度が増加し、もっとも近くにいる敵に向かって魔法の弾を数回発射する。魔法の弾はそれぞれが固有スキルを適用させる。
[動画] (リンク »)
[画像4: (リンク ») ]

E:「スリープバブル」
最初に命中した敵ユニットに魔法ダメージを与え、その敵ユニットに眠気を与える玉を撃ち出す。数秒後、眠気を付与された敵ユニットは少しの間だけ眠りに落ち、次に受ける通常攻撃またはスキルから追加ダメージを受ける。敵が眠りに落ちると、このスキルのクールダウンが短縮される。命中しなかった場合、バブルはマップ上に残ってトラップになる。壁を越えて使用すると射程が増加する。
[動画] (リンク »)
[画像5: (リンク ») ]

R:「ポータルジャンプ」
少しの間だけ指定した位置にテレポートしてから、元の位置に再びテレポートで戻ってくる。テレポート中も通常攻撃やスキルを使用可能。壁を越えてその場所の視界を得ることができるが、移動はできない。
[動画] (リンク »)

※スキルは今後のゲーム内アップデート(パッチ)によって調整または変更されることがあります。


◇『ゾーイ』立ち回りのヒント
ゾーイはたくさんのオモチャとトラップを抱えたトリックスターです。敵の周囲をボール、スター、スペルであふれさせ、「ポータルジャンプ」で飛び回りながら敵が予想だにしない位置からスキルを使用することができます。

集団戦では「スペルシーフ」があるおかげで、敵チームにサモナースペルやアイテムの発動効果の使用を躊躇させることができます。早めにフラッシュを使えばゾーイにフラッシュを献上することになり、リデンプションの使用はゾーイのチームにとっての救いの手になってしまうかもしれません。

「パドルスター」は星が直線を飛んだ距離に応じてダメージが増加します。敵に向けて使用するとダメージは小さいですが、相手が避けた時に進行方向を修正できるのが利点です。敵から離れた場所を指定して使用すれば(通常は自分の後方)、当てるのは難しくなりますが大きなダメージを与えられます。

「スペルシーフ」の自動効果により、試合中は40種類以上のサモナースペルとアイテムの発動効果がマップ上に落ちることになります。戦闘中に強力なサモナースペルが遠くに落ちるのが見えたら、「ポータルジャンプ」でテレポートして拾い、すぐに後衛の安全圏へと戻ることができます。

ゾーイを使い込なすには「ポータルジャンプ」を組み合わせたコンボを習得する必要があります。壁の近くで「ポータルジャンプ」を使用して壁越しに「スリープバブル」を撃てば、射程を伸ばすことができます。また、「ポータルジャンプ」で通常攻撃の射程を伸ばして素早くハラスするテクニックもマスターしなくてはならないでしょう。

◇『サイバーポップ ゾーイ』スキン
新チャンピオン『ゾーイ』は、975RP(課金により購入することができるゲーム内ポイント)、または 7,800ブルーエッセンス(ゲームをプレイすることで貯めることができるゲーム内ポイント)で購入することができます。また、『ゾーイ』のゲームプレイ中の見た目や各種動作を変えることができるスキン「サイバーポップ ゾーイ」(1,350RP)も同時に登場します。このほかにも新たなスキンを順次追加予定です。※価格はリリース時のものです。
[画像6: (リンク ») ]



■リーグ・オブ・レジェンドの世界大会が閉幕しました。
リーグ・オブ・レジェンドのeスポーツ世界大会『2017 World Championship』(通称:Worlds)が、9月~11月の期間、中国で開催されました。出場チームは過去最大の24チームとなり、1ヶ月以上にわたって劇的な戦いが繰り広げられました。今大会の様子をダイジェスト映像でご紹介します。
『Worlds 2017: Moments and Memories』
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]



◆ライアットゲームズとは
「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作「リーグ・オブ・レジェンド」をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界19ヶ所にオフィスを展開。(2017年3月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2015年3月より開始。

◆リーグ・オブ・レジェンドとは
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲームです。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手の本陣を攻略します。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されています。毎年9月から10月にかけて、世界中のトップチームが参戦する、eSports最高峰の世界的祭典「リーグ・オブ・レジェンドWorld Championship」が開催されます。
オフィシャルサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]