ZTE製4.5GHz帯向け実験システムを使用した5G実証実験の開始について

ZTEジャパン株式会社 2017年11月22日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

ZTE Corporation及びZTEジャパン株式会社(以下、ZTE)は、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)が2017年11月20日に実験局免許を取得した4.5GHz帯の実証実験において、第5世代移動通信システム(以下、5G)用基地局やコアネットワーク装置などの実験装置をソフトバンクに提供し、共同で実験を開始することを発表します。4.5GHz帯は日本での5G向け候補周波数帯の一つであり、両社共同で東京の芝大門地区に構築したトライアルサイトにおいてフィールド試験を実施いたします。

ZTEは世界の5G技術開発のパイオニアとして、世界の多くの通信事業者と共同で5G技術の検証および商用に向けた実験を推進してまいりました。

ZTEは、2015年から5G技術の早期商用投入を念頭に、5Gの有力な要素技術の一つであるMassive MIMOの実証実験をソフトバンクと共同で実施し、2016年から商用サービス向けのMassive MIMO装置を提供するなど、両社間で密接な協力関係を築いてまいりました。今回の実験は、ソフトバンクが2020年ごろに提供開始を予定している5Gサービスを見据えた実証実験との位置づけで、これまでに両社が蓄積してきたノウハウを基に、5G導入に向けた実験を実施いたします。

今回の実証実験では、東京都心の建物が密集した屋外の環境において、Massive MIMOや5Gで使用される新たな無線インターフェースを使用し、複数台の試験端末を用いて、高速ブロードバンド通信、モビリティの検証等、実際の利用シーンを想定した実験を実施する予定です。

ZTEはソフトバンクを始めとする世界中の通信事業者との協力関係をさらに促進し、これまで世界の主要通信事業者と研究・開発を重ねてきた次世代の通信技術をいち早く提供することで、移動体通信ユーザーに対して5Gの新たな世界を提供できるよう、積極的に取り組んでまいります。
ZTEジャパンHP (リンク »)

本リリースに記載されている内容は、報道発表日時点での情報です。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【ZTEコーポレーションについて ~Leading 5G Innovations~】
ZTEコーポレーションは通信機器、ネットワークソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニーです。業界大手としての包括的な製品群とソリューションにより、民間企業や政府機関向けのICTソリューションをはじめ、最先端のワイヤレス、アクセス&ベアラー、付加価値サービス、マネージドサービスなどを提供しています。ZTEコーポレーションの先進技術は、世界160ヶ国以上の500を超える主要通信事業者に、ビジネスの目標達成、競争力強化の面で貢献しています。さらに、スマートフォン、携帯電話、タブレット、Wi-Fiルーターなどのモバイル機器は、世界中のエンドユーザーから人気と信頼を集めています。ZTEコーポレーションは世界知的所有権機関(WIPO)発表の特許国際出願件数で2010年から7年連続でトップ3に入っています。2016年は特許を4,123件出願し、世界1位にランクされました。ZTEコーポレーションは5G技術の開発においても、業界をリードしています。今年9月に中国北京で開催された「第2期 5Gイノベーション開発フォーラム」では5Gトライアルテストにおける第二段階での技術試験証明書を、IMT-2020 (5G) Promotion Groupより受領しており、「Leading 5G」企業として中国の5G戦略事業を全面的に支援し、5G技術研究及び産業発展を促進しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]