金融情報分析AI開発の「ゼノデータ・ラボ」、DBJキャピタル、三菱東京UFJ銀行、帝国データバンク等に対して、総額2.5億円の第三者割当増資を実施。複数の大手金融グループが資本参加。

株式会社xenodata lab. 2017年11月22日

From PR TIMES

金融機関とより密に連携し、決算自動分析の本格的な事業化及び将来予測データの開発を行い、金融機関のFintech化・AI化の受け皿として、業務効率化への貢献を目指します。



[画像1: (リンク ») ]


独自の技術により、自然言語を理解して企業分析を行う人工知能を開発する株式会社xenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:関洋二郎)は、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社帝国データバンク、東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社、岡三証券株式会社、カブドットコム証券株式会社、DBJキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資により、総額2.5億円の資金調達を実施しました。
 今回の資金調達は、主に業務提携による弊社技術の実用化、事業化を目的としております。この資金調達により、資本参加先金融グループの証券部門に対しサービス展開を目指し、上場企業の自動分析レポートをはじめとしたサービスの提供、さらに、解析対象を決算以外にも広げ上場企業の将来予測データの開発を行い、証券部門・機関投資家向けにサービス展開を目指していきます。その後、帝国データバンクの保有する国内の未上場企業情報を用いて銀行業務を含む、より幅広い分析シーンの自動化を目指していきます。

 尚、各出資者からの出資目的についてのコメントを以下に記載いたします。

DBJキャピタル株式会社
《出資目的》
Fintech分野とAI分野は、ともに今最も注目する投資分野。xenodata lab.への支援を通じ、AIを利用した金融業務の高度化・効率化が促進され、日本経済の活性化に繋がることを期待している。
《出資者からのコメント》
取締役投資部長 内山春彦氏
マイナス金利や人口減少を始め、金融業界を取り巻く環境は大きく変化しており、イノベーションによる業務の変革が求められています。xenodata lab.の技術やアイデアは、金融機関の競争力強化に資するものと期待でき、非常に意義深いと考えております。今回、リード投資家として投資を実施しましたが、将来のサービス開発や事業の成長に向けて、最大限のご支援をして参ります。

株式会社三菱東京UFJ銀行
《出資目的》
本出資の目的は、当行としてAI活用を重要視していることを踏まえ、同社と協働して先進的なサービス開発をMUFGとして行う戦略出資。
《出資者からのコメント》
デジタル企画部 プリンシパルアナリスト 藤井達人氏
ゼノデータ・ラボ様は、創業直後にMUFGが主催するMUFG Digitalアクセラレータの第1期に参加され、その後も精力的にプロダクトを開発し実績を上げておられます。その卓越した開発力と技術力で引き続き、金融機関にとって重要なプロダクトを生み出されることを期待しています。

カブドットコム証券株式会社
《出資目的》
本出資の目的は、現在提携しているサービス「xenoFlash for kabu.com」のさらなる発展の支援、及び今後のゼノデータ社が開発、展開していくサービスでの協業を見据えた戦略出資。
《出資者からのコメント》
代表執行役社長 齋藤正勝氏
ゼノデータ・ラボ社は第一回MUFGフィンテックアクセラレータで私自身もメンターでもあり想い入れがあります。ゼノデータ社の持つ自然言語解析をコアとしたAI技術は、ニュースを含む様々な文章をインプットとした未来予測等への応用が可能と考えており、ゼノデータ社との協業により、当社のお客様へさらに満足度の高いサービスを提供できると期待しています。

株式会社帝国データバンク
《出資目的》
経済活動の中におけるAIの今後の発展と当社がそこで果たすべき役割を探るための研究投資目的。この投資を契機に、企業情報データベースの新しい可能性を検討していく。
《出資者からのコメント》
専務取締役 鈴木良平氏
信用調査を通じて蓄積してきた企業情報データベースとxenodata lab.社の高い技術力が結びついた時、企業分析の新しい地平を切り開くイノベーションが起きることを確信しています。関社長率いる気鋭のメンバーが今回の資金調達を機にさらに飛躍し、金融・情報業界を変革する台風の目となることを期待しております。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社
《出資目的》
FinTech領域をはじめとした先端技術の活用により社内の業務効率化やお客様の利便性向上を図っていく。
《出資者からのコメント》
デジタル戦略部 部長 阿部司氏
xenodata lab.のプロダクトは、お客様向け、社内向けにそれぞれ利用開始しており、導入直後より既にユーザから好評を得ています。創業後早い段階からxenodata lab.に注目しておりましたが、今回の提携をきっかけとして、より親密な関係のもと、業務効率化やお客様に喜ばれる新しいサービスの開発に一緒に取り組めることを楽しみにしております。

岡三証券株式会社
《出資目的》
当社ではFintechとAIの積極的な活用に取り組んでおり、出資による同社との協業によって、当社業務の効率化ならびに顧客への情報提供サービスの充実を図っていく。
《出資者からのコメント》
情報企画部長 草木孝氏
ゼノデータ・ラボ社のサービスは、社内でAIの進化を身近に実感する絶好の契機となりました。金融業界は莫大な情報を瞬時に解析して判断できるかどうかで優劣が決まる時代となっていることから、同社のサービスに対する注目度は高まってくると考えます。今後は、独自の技術を用いた新たなサービスの展開とともに一段の飛躍を期待しております。

みずほキャピタル株式会社
《出資目的》
FintechとAIは当社としても注目している分野。本出資を通じ、Fintech、AI分野の知見を深めるとともに、みずほのネットワークを活用し、xenodata社に対する成長支援を行って参りたい。
《出資者からのコメント》
投資第二部 インベストメントマネジャー 脇門勇気氏
金融業界において、業務効率化、人員の最適化は大きな課題で、今後急速な進展が予想されている分野です。xenodata社の素晴らしいメンバーと高い技術力は、時代の変化に対応し、金融業界に不可欠なサービスを開発できる、と大いに期待しております。

SMBCベンチャーキャピタル株式会社
《出資目的》
本出資により、金融機関などの業務効率化を推進する同社の事業拡大につき、SMBCグループのネットワークなどを活用しつつ、投資家という立場からご支援を行っていく。
《出資者からのコメント》
投資営業第一部 部付部長 今西裕之氏
日本の金融業界では、労働集約型の業務を多く抱え、これが長年重大な課題となっております。
ゼノデータ・ラボ社は若いベンチャー企業ですが、同社には素晴らしいメンバーが結集し、またそのメンバー達が全社一丸となってサービスの改善を繰り返すことで成果を出しつつあります。今後この困難な課題を解決し得るポテンシャルを強く感じ、弊社もご支援させていただくことに致しました。
ゼノデータ・ラボ社には、今後同社が提供するAIなどを活用したサービスを通じて、金融業界各社に不可欠なパートナーになってほしい、と大きな期待をしております。


■株式会社xenodata lab.について
[画像2: (リンク ») ]

株式会社xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)は、2016年2月に創業し、企業・財務分析情報を、より多くの企業で、より早く、より安く提供することをミッションに創業し、創業以来公認会計士や証券アナリストが行う企業・財務分析の自動化を目指し独自技術による企業・財務分析AIの開発をしてきました。
 昨年3月には、第一回MUFG Fintechアクセラレータプログラムに採択され、5か月間のプログラム後に実施される8月5日のデモデイではグランプリを受賞しました。
 今年2月には、事業化及びプロダクト開発体制強化のため、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社帝国データバンク、カブドットコム証券株式会社等と資本提携を実施しました。


■代表者の略歴
[画像3: (リンク ») ]

代表取締役社長 公認会計士 関洋二郎
慶應義塾大学商学部在学中に公認会計士2次試験に合格し、在学中よりあらた監査法人(現PwCあらた監査法人)にて、メーカー、小売り、卸売業を中心に上場/未上場企業の財務諸表監査、内部統制監査などの公認会計士業務のみだけでなく、システム監査、データ監査業務など、IT統制にも従事する。2012年に株式会社ユーザベースに入社し、アジア最大級ビジネスプラットフォームであるSPEEDA事業の事業開発部責任者として、国内外の市場環境調査、プロダクト戦略の立案、データサプライヤーとのアライアンス、仕様設計、リリース検証、本番運用の一連のプロセスについての執行を担当。また、2013年にはユーザベース全社員投票により選出されるMVPを受賞。


■会社概要
会社名:株式会社 xenodata lab.
所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-17-5 xenoHouse
設立年月日:2016年2月12日
代表者:代表取締役社長 関 洋二郎
資本金:3億2000万円
URL: (リンク »)


■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社xenodata lab. 代表取締役社長 関洋二郎
Email:bizdev@xenodata-lab.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。