『鋼の錬金術師』6連続インタビュー企画に原作者・荒川弘がついに登場!原作者は実写版『ハガレン』をどのように観たのか?

ブックリスタ 2017年11月22日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

株式会社ブックリスタが運営するWeb メディア「otoCoto」では、映画『鋼の錬金術師』公開を記念して、原作者・荒川弘先生のロングインタビューを、明日11月23日(木)9時より公開いたします。

2010年の連載終了から7年経った今なお、世界中の読者を魅了し続ける『鋼の錬金術師』。そんな『ハガレン』が、豪華キャストで実写化。12月1日(金)の公開を目の前に、さらなる盛り上がりを見せています。現在「otoCoto」では、映画『鋼の錬金術師』公開を記念して、『ハガレン』6連続インタビュー企画を実施中。アニメ版エド役・朴璐美さんをはじめ、エンヴィー役・本郷奏多さん、ウィンリィ役・本田翼さん、曽利文彦監督のロングインタビューを掲載しています。
そして第5回目となる今回は、『鋼の錬金術師』の生みの親である漫画家・荒川弘先生にインタビューを敢行。現実世界に飛び出した『ハガレン』ワールドをどのように観て、どのような想いを抱いたのか。また、荒川弘先生の読書遍歴も分かる、「otoCoto」でしか読めないロングインタビューとなっています。

■「otoCoto」ハガレン6連続インタビュー企画
第5回/原作者 荒川弘インタビュー(11月23日9時 公開予定)
(リンク »)

第1回/アニメ版エド役 朴璐美さん
(リンク »)
第2回/エンヴィー役 本郷奏多さん
(リンク »)
第3回/ウィンリィ役 本田翼さん
(リンク »)
第4回/曽利文彦監督
(リンク »)

■映画『鋼の錬金術師』
ストーリー:全世界待望のファンタジー超大作、兄弟の絆を懸けた冒険が始まる!
運命に挑む兄弟エドとアル。幼き日に最愛の母を生き返らせようと、禁断の術を犯したエドは手脚を失い、アルは魂だけの鎧の身体になった。必ず弟の身体を取り戻す――そう決心し、鋼の義肢、オートメイル(機械鎧)を身に着けたエドは、やがて“鋼の錬金術師”と呼ばれる存在となる。
身体を取り戻す唯一の手がかりは、謎に包まれた「賢者の石」。「賢者の石」を求めて旅をする兄弟の前に立ちふさがる美しき最強の敵、ホムンクルス。それはやがて国家を揺るがす強大な陰謀に巻き込まれていく…。壮大な旅の果てに、待ち受ける驚愕の真実とは? 兄弟の絆を懸けた、感動の冒険が、いま始まる!
<錬金術――それは、あらゆる物質を新たなものに作り変える魔法のような科学>

原作:荒川 弘「鋼の錬金術師」(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦
出演:山田涼介 本田 翼 ディーン・フジオカ 蓮佛美沙子 本郷奏多/國村隼 石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜 大泉 洋(特別出演)佐藤隆太/小日向文世/松雪泰子
脚本:曽利文彦 宮本武史
音楽:北里玲二
主題歌:MISIA「君のそばにいるよ」(アリオラジャパン)
配給:ワーナー・ブラザース映画
2017年12月1日(金)全国ロードショー
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
公式サイト: (リンク »)
予告編: (リンク »)

Webメディア「otoCoto(オトコト)」について
「otoCoto(オトコト)」は、2016年8月に開設した株式会社ブックリスタが運営する、大人のためのエンタメ&カルチャーメディアです。記事を通して、映画、音楽、本などのコンテンツと読者をつなげるためのさまざまな企画を展開しています。
(リンク »)

株式会社ブックリスタについて
株式会社ブックリスタは、コンテンツ制作や取次、プラットフォーム提供、ストア運営支援、プロモーション企画など、電子書籍に関連する様々な事業を展開する企業です。多くの皆さまに対してライフスタイルに合わせた電子出版物との出会いの場を提供して参ります。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]