イスで「おはよう」から「おやすみ」まで生活してみたら・・・公園で休憩、街で食べ歩きも 話題の“揺れる”イス「ing」実験サイトで2記事を本日11月24日に公開

コクヨ株式会社 2017年11月24日

From PR TIMES

「ステマ」ならぬ「モロマ」ブログも公開中!宣伝ブログを執筆するOLの正体とは? #コクヨingで記事の感想をつぶやこう!「ing」を抽選で1名様にプレゼント

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長執行役員:黒田英邦 以下、コクヨ)は、“座るを解放する”というコンセプトから生まれたイノベーティブなイス「ing」の特設サイト「世の中の動かしてみたいアレやコレやに『ing』を足してみたらどうなるのかやってみたコクヨの実験」(URL: (リンク ») )において、本日11月24日(金)より新たに2記事を公開します。



「世の中の動かしてみたいアレやコレやに『ing』を足してみたらどうなるのかやってみたコクヨの実験」
URL: (リンク »)

【11月24日(金)の公開記事】
■おはようからおやすみまで、ingに座って生活してみる~そして公園へ・月島食べ歩き編
■アイデアが出ると言われるイスで企画会議をする

[画像1: (リンク ») ]


おはようからおやすみまで、ingに座って生活してみた!…ただし、イスは軽車両になる可能性があって全部は座れません
 
[画像2: (リンク ») ]

 朝起きてから、夜眠るまで、人は「ing」に座ったまま生活できるのだろうか?
 体の自然な動きをさまたげない、360°グライディングが可能な「ing」なら少しぐらい長めに座っても楽勝じゃないだろうか?そんな疑問を実験し検証してみた本記事。
 
 仕事中、公園での休憩、信号待ち、食べ歩き、リラックスタイムと「ing」に座ってやってみたら、仕事中気分が滅入ることもなく、公園でラグジュアリーでアウトドアな雰囲気が楽しめ、信号待ち中もらくちんで、食べ歩きで旨すぎておかしな座り方でも「ing」が寄り添ってくれる。新鮮な一日が「ing」で過ごせるという結果に。

 
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

 ただ、弁護士の人にきいた「イスは軽車両の可能性がある(参考: (リンク ») )」ということから、歩道では「ing」を押して歩いてしまい、コンビニで買い物する時も「ing」は外で待たせ、見た目は完全に「スーパーの前で待っている犬」状態。
 本記事を読んでいただくと、道路交通法を尊守し、人に迷惑を掛けないでイスに座って生活することは難しいということも学べます。

■「ステマ」ならぬ「モロマ」!露骨宣伝ブログを執筆するOLの正体とは?
 

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

 ブログなどで宣伝であることを明らかにせず、こっそりと宣伝すると「ステマ(ステルスマーケティング)」と騒がれる昨今、思い切って、コクヨのオフィスチェアー「ing」を露骨に宣伝、つまり、モロにマーケティング=「モロマ」しているブログです。
 執筆は「丸の内で働く大谷ユキさん」、「渋谷で社長秘書を務める神宮寺花さん」「新宿にある企業で受付を担当している遠藤桜さん」「日比谷にある会社で営業をしている山崎めぐみさん」といったように、ing大好きなOLさんにリレー形式で書いていただいてる本ブログ。記事内でさらっと記載されているとおり、実は同じ人が書いています。
 
 その人とは、「『ing』とラクダはどっちが乗り心地がいいの?」実験記事では、フタコブラクダの「ジェシー」の上でパソコン操作をしたり、「アイデアが出ると言われるイスで企画会議をする」実験記事では、コクヨに媚びてこられた男性です。
[画像7: (リンク ») ]



[画像8: (リンク ») ]

■話題の「ing」が抽選で1名に当たる!「ing」プレゼントキャンペーン
 キャンペーン期間中、特設サイト「世の中の動かしてみたいアレやコレやにingを加えたらどうなるかやってみたコクヨの実験」内の記事をご覧になった感想を#コクヨingと併記してTwitterでツイート。コクヨのTwitter公式アカウント(@KOKUYO)をフォローすると、話題のオフィスチェアー「ing」が抽選で当たります。
【キャンペーン期間】 2017年12月31日(日)11:59まで
【プレゼント内容】  ing ラテラル
※詳細は実験サイト内(URL: (リンク ») )をご覧ください。

■「世の中の動かしてみたいアレやコレやにingを足してみたらどうなるのかやってみたコクヨの実験」サイトについて
 本サイトは、一般的な関心がそれほど高くないオフィスチェアーという存在に注目してもらうべく、立ち上げました。
 オフィスチェアーはBtoBでの取引が多く、家具をテーマにしたBtoC向けの本サイトを制作すること自体もコクヨにとっては実験的な取り組みです。しかし、「ing」は、働き方改革の新たなステージにつながる可能性を秘めたプロダクトであると確信しているため、本サイトをきっかけにオフィス構築に関わる方以外にもオフィスチェアーに対する関心を高めていただきたいと考えています。今後も順次、記事を公開予定です。

■「ing」概要
イノベーティブなイス「ing」は、体の動きを引き出し体と脳を活性化させる 

[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

 コクヨは世界で一番座っている時間が長い※1と言われている座りすぎ大国日本において、“座るを解放する”というコンセプトのもと、「ing」を開発しました。「ing」は、座っている状態でも体の動きを止めない、イノベーティブなイスです。
 その最大の機能は、体の微細な動きに合わせて360°自由に揺れる「グライディング・メカ」※2。前傾や後傾、左右や斜めのひねりまで追随し、座面が自然にスイングします。
 「ing」は座りながら運動できることで、心地よいリズムが生まれ、実験では心身に良い影響があるという結果が出ています。
 姿勢の安定化から、活性化へ。これからのイス選びは、きっと変わります。「ing」は、働き方改革の新たなステージにつながる可能性を秘めたプロダクトです。
○発売日:
 2017年11月7日(火)
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):
 ・ラテラルタイプ ブラックシェル T型肘・樹脂脚 ¥88,000~
 ・バーチカルタイプ ブラックシェル T型肘・樹脂脚 ¥88,000~                   ・ヘッドレスト付タイプ ブラックシェル T型肘・樹脂脚 ¥108,000~

【「ing」を使用した実験結果】
<体が動く>
・筋肉が動くことをサポート
自然に「ing」に座っているだけで従来品に比べて8割の人の肩の筋肉、5割の人の腰の筋肉が活動していることが確認されました。
[画像11: (リンク ») ]

自筋電計による僧帽筋、脊柱起立筋の筋電位計測による(n=10)
*20代の男女の試験結果(慶應義塾大学 スポーツ医学研究センター 橋本 健史准教授との共同研究による)

・座りながら運動できる/消費カロリーが増える
「ing」で揺れながらデスクワークを4時間すると、ウォーキング約1.5kmに相当。消費カロリーに算出すると、おにぎり約1/2個相当(約85kcal)。
[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]



揺れながらデスクワークをしている状態での消費カロリーを活動量計にて計測した平均(n=5)
*40代の男性5人の試験結果/30分の測定を4時間に換算

<頭が動く>
・リラックス/集中できる環境をサポート
「ing」で60分揺れることで7割の人のα波、6割の人のβ波が増加。
α波は安静(リラックス)した状態、β波は能動的で活発な思考や集中と関連しているといわれています。
[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]



揺れながら60分読書する間の最初の20分と最後の20分の脳波の比較による(n=20)

・アイデアが出る
創造的で有用なアイデアの発想数が13%アップ。
[画像16: (リンク ») ]

創造性テスト(AUT)における有用なアイデアの総数の比較による(n=50)(京都大学 大学院 教育学研究科 野村 理朗准教授からの技術指導を受けて実施)

※1 Bauman AE et al. The descriptive epidemiology of sitting: A 20-country comparison using the
International Physical Activity Questionnaire (IPAQ). Am J Prev Med, 2011; 41: 228-235.
※2 座面下にある2層のメカの組み合わせ(特許申請中)

詳しくは11月6日(月)発表のニュースレター(URL: (リンク ») )をご参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。