「楽天市場 ヒット番付 2017」を発表

楽天株式会社 2017年11月28日

From PR TIMES

- ECの傾向から見る17年のヒット商品と18年のトレンド予測 -

楽天株式会社は、「楽天市場」における2億点以上にのぼる商品の膨大な購買データを元に、「楽天市場 ヒット番付 2017」を選出しましたので、お知らせします。



 楽天は、毎年、「楽天市場」の購買データを元に消費動向や社会情勢を振り返り、その年を象徴するキーワードを「楽天市場 ヒット番付」として発表しています。今年は、東西の横綱/大関/関脇/小結/前頭の計10個のキーワードに加え、今後のヒット期待株としてと2個のキーワードを発表しました。「楽天市場 ヒット番付 2017」の詳細は、以下のとおりです。

◁ 楽天市場 ヒット番付 2017 ▷

           東                            西 

[表: (リンク ») ]



▼「楽天市場 ヒット番付 2017」トピックス
・SNSの日常化で「ゆとり世代のタイムライン消費」が顕著に、また「アラフォー世代のアルバム消費」も新しい流れを提示
・極めて今年らしい「天才キッズ特需」や、「男女逆転アイテム」などのボーダレスな消費傾向を物語るキーワードもランクイン

▼ 「楽天市場 ヒット番付 2017」東西横綱の詳細
● 東の横綱 | ゆとり世代のタイムライン消費
 かつてテレビや雑誌が担っていた「ブームの火付け役」の座は、いまやメディア化した「SNSタイムライン」に引き継がれた。「タイムラインを流れる情報こそが、今の気分を最も端的に表している」と、この中から自分の好みに合った商品やサービスを掬(すく)い取るという新しい消費傾向が顕著になっている。タイムライン上から新しい流行が生まれて、「黄色のスカート」昨年比+218%や「電球ソーダ」等がヒットした。「モノ」ではなく「コト」を重視するこの消費では、旅行などの「コト」をより楽しむための商品が楽天市場で売れた。「GoPro」などの多目的カメラも非常に伸び、「旅行バッグ」は同+26%の売上を記録。この動きを担っているのが、いわゆる「ゆとり世代」と呼ばれる20代から30歳の若者たち。消費欲も所有欲も低く、あまりお金を使わないと言われてきた世代が、新しい消費形態を創り出している。


電球ソーダ
[画像1: (リンク ») ]




黄色のスカート
[画像2: (リンク ») ]



旅行バッグ
[画像3: (リンク ») ]



GoPro
[画像4: (リンク ») ]



● 西の横綱 | アラフォー世代のアルバム消費
 社会現象にまで発展した「NIKEエアマックス95」、キアヌ・リーヴスが主演映画で着用したことで爆発的人気を獲得した「CASIO G-SHOCK」など、90年代のファッション・文化を彩った品々が次々と復刻され、人気を博している。楽天市場でも、復刻アイテム全体が伸びており、今年復刻されたスーパーファミコンが売れ筋だ。特にアラフォー世代に売れたのが「ドラゴンクエスト」関連で、購入層の約半数にあたる。アラフォー世代にとってこの品々は、懐かしいアルバムをめくるのと同様に、青春時代を呼び起こす「記憶再生装置」として機能している。



スーパーファミコン
[画像5: (リンク ») ]



ドラゴンクエスト
[画像6: (リンク ») ]



「楽天市場 ヒット番付 2017」
URL:  (リンク »)



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]