【グランドニッコー東京 台場】中国最大手モバイル決済サービス『支付宝(アリペイ)』12月1日(金)より導入開始のお知らせ

ニッコー・ホテルズ・インターナショナル 2017年11月28日

From PR TIMES

「東京を楽しむ 東京をくつろぐ」ひとときをお届けするグランドニッコー東京 台場(住所:東京都港区 代表取締役社長 総支配人:塚田 忠保)では、2017年12月1日(金)より、増加を続ける中国からのお客様の快適なご旅行をサポートすることを目的とし、中国最大のモバイル決済サービス「支付宝(「アリペイ」)」を導入いたします。




[画像1: (リンク ») ]


「支付宝(アリペイ)」は、2004年にアリババグループによって設立された、中国国内の実名認証ユーザー数が5.2億人を超える、中国のモバイル決済市場で最も大きなマーケットシェアを持つ世界最大規模の決済プラットフォームです。
グランドニッコー東京 台場では、宿泊ゲストの外国人比率が40%を越えていることを背景に、その中でも増加傾向にある中国人マーケット拡充のため、中国人ゲストにとって便利かつ快適なホテルステイをご提供するため、このたび「支付宝(アリペイ)」の導入を決定いたしました。
このたびの導入により、ご宿泊料金だけでなく、当ホテル直営のレストランやバー7店舗でのお支払いについても、「支付宝(アリペイ)」のご利用が可能となります。

当ホテルでは、11月1日(水)より、ご宿泊のお客様が無料でご利用いただけるレンタルスマートフォン「handy」を導入するなど、増加を続ける海外からのゲストに快適なホテルステイをサポートできるサービスの拡充を進めております。

今後も、増加が期待される外国人ゲストが当ホテルをご利用されるにあたり、より快適な日本でのご旅行をお楽しみいただけるサービスの強化・向上に努めてまいります。


【グランドニッコー東京 台場 「支付宝(アリペイ)」導入詳細】

■導入開始日:2017年12月1日(金)
■サービス内容:ご宿泊料金のお支払いや、ホテル館内の直営レストラン・バーのご利用時に、中国最大手
のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」の利用が可能となります。

[画像2: (リンク ») ]

【「支付宝(アリペイ)」について】
「支付宝(アリペイ)」は、2004年にアリババグループによって設立された一日の平均取扱件数が1.6億件を超える世界最大規模の決済プラットフォームです。EC事業者向けのオンライン決済やスマートフォンにバーコード・QRコードを表示させるリアル店舗向けの対面決済をはじめ、スマートフォンをベースとした各種生活サービス、資産運用の商品も展開しています。
中国国内の実名認証ユーザー数は5.2億人を超え、中国のモバイル決済市場で最も大きなマーケットシェアであるだけでなく、中国国内の80万の加盟店に加え海外の7万の加盟店で利用できるなど、世界で急速に拡大しているオンライン決済システムです。

【グランドニッコー東京 台場の施設概要】
所 在 地: 東京都港区台場2丁目6-1 
敷地面積: 20,870m2 (6,313坪)
ホテル: 地下3階 地上30階
延床面積: 123,775m2 (37,507坪)
施設構成: 客室数882室、宴会場17室、レストラン・バー9ケ所、ウエディングチャペル2ケ所
神殿、フィットネスクラブ、屋外プール、エステ、ギャラリー、他
アクセス: 新交通ゆりかもめ 台場駅に直結 / りんかい線東京テレポート駅 徒歩約10分
電話番号  : 03-5500- 6711(代表)

<グランドニッコー東京 台場 ブランドメッセージ>

[画像3: (リンク ») ]

東京を楽しむ 東京をくつろぐ
レインボーブリッジを越えればそこは日常を離れた別世界。陽の光に輝く水面と青く澄みわたる風、心弾む特別な時がはじまります。高層階のレストラン、ゲストルームからは東京湾のパノラマビューが見渡せ、海の向こうには表情豊かな東京の街が広がります。大切にしたのは「晴れやかな気持ちで笑顔あふれるひとときを」という思い。心がほどけていくような喜びに満ちた体験をお届けします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。