モバイルアプリの成長支援ツール「Repro」、生まれ変わった「MERY」に導入決定!

Repro株式会社 2017年11月28日

From PR TIMES

Reproの分析とマーケティング機能を使い、毎日をかわいくしたい女の子の”一番好きなアプリ”へ

モバイルアプリ向けの分析・マーケティングツール「Repro(リプロ)」の提供およびアプリの成長支援コンサルティング等を手掛けるRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田祐介、以下Repro)は、このたび株式会社MERY(本社:東京都千代田区、代表取締役:山岸博)の運営する女性向けメディアアプリ「MERY」にツール「Repro」が導入されたことを発表いたします。




[画像: (リンク ») ]



先日、小学館とDeNAがタッグを組み、新たなMERYアプリがリリースされました。
MERYがターゲットとする女性向けWebメディアやアプリの数は年々増え続ける一方です。

数ある競合アプリのなかからユーザーに選んでもらうには、MERYでしか得られない質の良いコンテンツを提供し、MERYを使って情報収集をしたいと思ってもらうことや、MERYを読んで共感や憧れといった特別な感情を抱いてもらうことが重要です。
このたび、数々のメディアアプリへのツール及び、成長支援コンサルティングを提供してきたReproの実績を評価いただき、「MERY」アプリの成長を支援させていただくこととなりました。

株式会社MERYのミッションとして掲げる”「好き」に出会える、「好き」を届けられる世界をつくる”の実現に向け、Reproは新生「MERY」アプリのリリース前から試験的に支援を始め、今日に至ります。
「MERY」を始め、Reproは今後もより多くのアプリの成長を支援する企業としてクライアントに貢献してまいります。


社名:株式会社MERY
所在地:東京都千代田区神田神保町3-3 SFIII
代表者:代表取締役 山岸 博
設立:2017年8月
事業内容:「MERY」の運営、小学館メディアのサポート業務、新デジタルメディアの開発

◼︎Reproについて
Reproはアプリの成長支援ツールを2015年4月にリリース、現在では世界46か国、4,000以上(2017年10月時点)のアプリに導入されています。 リテンション分析・ファネル分析をはじめとした定量分析機能、動画による定性分析機能を用いてアプリのUI・UXの改善が可能です。また、分析結果をもとにプッシュ通知やアプリ内メッセージ表示などアプリ内マーケティングを行なうことができます。2016年3月にはアプリ成長コンサルティング事業を開始し、アプリの成長支援ツール提供にとどまらず、アプリに関連する戦略立案・企画、開発から運用までを一貫して支援しています。

会社名:Repro株式会社
代表者:平田 祐介
所在地:東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル6F
設立:2014年4月
事業内容:モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供

ホームページ: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。