AWS認定プレミアコンサルティングパートナーのcloudpack、cloudpackの利用企業は、インシデント発生時にフォレンジック調査等の緊急対応サービスを利用可能に

アイレット株式会社 2017年11月28日

From PR TIMES

~アイレットがSecureWorks Japanのインシデント管理リテーナーサービスを契約~

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 将平)は、cloudpackアライアンスパートナーであるSecureWorks Japan株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:ジェフ・モルツ、以下、SecureWorks)が提供する「インシデント管理リテーナー(IMR)サービス」の契約を行い、cloudpackサービスをご利用いただくお客様の環境において情報漏えいなどのインシデント(事故)が発生した際に、専門知識の必要な「インシデント対応支援」や「フォレンジック調査」などの緊急対応サービスを随時利用できるようになったことを発表します。



[画像1: (リンク ») ]

                インシデント発生後に想定される対応一覧

お客様が運営するサービス等でビジネスへの直接的・間接的な影響を及ぼすインシデントが発生した場合、対応する手段を事前に準備しているかどうかで深刻度が異なります。そのため原因の究明および因果関係の確認に迅速な対応が求められますが、専門的な「フォレンジック調査」などの分析作業をどのベンダーに依頼すべきか分からない、事前の契約がないと緊急対応サービスを受けることができないなどの課題がありました。

cloudpackはあらかじめ、AWSとcloudpackとユーザー企業の三者間で、セキュリティ上の責任を分担するという「責任共有モデル」を提示しており、cloudpackが構築したシステム上で運用される業務アプリケーションおよびデータのセキュリティについてはユーザー企業ご自身で保護および対策をしていただく必要がありました。しかし、この度の契約によりインシデントが発生したユーザー企業は、cloudpackに緊急対応を要請することでSecureWorksの提供する緊急対応サービスが利用でき、迅速なインシデント対応を行うことができます。

[画像2: (リンク ») ]

  cloudpackの「責任共有モデル」

■cloudpackのユーザーが受けられるインシデント対応サービス


[表: (リンク ») ]



SecureWorksには、インシデントが発生した際に何がどのように侵害されたのかを特定し、脅威を封じ込め、根絶まで実行可能な訓練されたプロフェッショナルが多数在籍しています。インシデント発生直後の対応、適切なセキュリティ対策の実施、今後のインシデント対応力の強化をより効果的かつ実効性の高いものにするなど、インシデント発生前後の対応を含め相談することが可能です。

■価格
都度見積もり
※インシデントの規模やご協力する内容によって異なるため、ご要望をヒアリングした後に費用を算出します。なお、インシデント対応サービスのご請求は、cloudpackでご利用されているその他サービスと合わせてご請求します。
※インシデントが発生してからcloudpackにご依頼いただくまで、お客様に事前の費用負担はありません。

サービス紹介ページURL: (リンク »)

■SecureWorks様からのエンドースメント

SecureWorks Japan株式会社 代表取締役 ジェフ・モルツ
この度は、弊社のインシデント管理リテーナーサービスをご採用いただきましたこと、心より御礼申し上げます。日本を含む世界5カ所のセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)を通じて61ヶ国、4,400社のお客様に同サービスを含むエンドツーエンドのセキュリティサービスを提供するSecureWorksは、cloudpackアライアンスパートナーとして、卓越した専門家チームが高度な脅威インテリジェンスを活用しcloudpackをご利用になる企業様のセキュリティに関する不安を軽減し、よりセキュアなクラウド環境の構築および強化をご支援してまいります。

                                                 以上

【cloudpackについて】

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後5年連続で認定されています。

運営会社:アイレット株式会社 (リンク »)
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。

アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Elastic Compute Cloud, Amazon EC2、Amazon Simple Storage Service、 Amazon S3、Amazon Elastic Transcoder は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、Amazon CloudFrontはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]