ハートランド・データ、機能安全に準拠し効率的なテスト実施を支援するサービス“DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス -DiET-” を開始

ハートランド・データ株式会社 2017年11月28日

From PR TIMES

車載向けソフトウェア開発、産業機器向けソフトウェア開発における課題を解決

ハートランド・データ株式会社は、ISO 26262 や IEC 61508 の機能安全規格に対応した、効率的なテストを支援するサービス「DiET」を開始しました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハートランド・データ、
機能安全に準拠し効率的なテスト実施を支援するサービス
“DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス –DiET–” を開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハートランド・データ株式会社(本社:栃木県足利市福居町361 代表取締役 落合亮)は、組込ソフトウェア開発用の動的テストツール「DT10 Automotive Edition」を利用した効率的なテストを支援するサービス「DiET」を開始しました。

[画像: (リンク ») ]


DiET (ダイエット:Dynamic test Efficiency Technique)は、効率的なテスト実施を支援するサービスです。

機能安全規格に準拠したソフトウェア開発の現場での課題として、「機能安全規格の知識・スキルの不足」、「網羅性を求められるカバレッジ計測対応のために上がらない効率」、「テストの複雑化・大規模化によるリソース(人員)の不足」ということが挙げられます。

ハートランド・データでは、自社製品の ISO 26262 / IEC 61508 ツール認証の経験を活かし、さらにソフトウェア開発の経験があるエンジニアが機能安全規格に対するスキルアップを図ることで、お客様の課題解決の一助となるべく、今回のサービスを立ち上げました。


【DT10 Automotive Edition プロジェクト適用サービス – DiET – の概要】
DiETは、ISO 26262 や IEC 61508 の機能安全規格に対応した、テストの効率的な実施を支援するサービスです。
機能安全規格のツール認定を取得した自社開発動的テストツール「DT10 Automotive Edition」を使用し、ボトムアップテストアプローチを利用したハートランド・データ提唱のテスト手法「DiET method」を活用することで、動的カバレッジ計測とテスト実施の効率化を図ります。

> DiET 紹介ページ
(リンク »)


【サービス構成 – DiET menu – の紹介】
DiET には、以下 5 つの menu を用意しています。
・効率的カバレッジ計測 :計画・運用・エビデンス作成といった、テストライフサイクルをサポート
・テストシナリオ生成  :DiET method を活用してテスト効率を上げるテストシナリオを生成
・テスト代行      :機能安全に準拠したテスト実施の代行も可能
・統合テスト手法    :統合テストに特化した内容のサポート
・追加ツール認定    :セーフティマニュアルにない機能の使用をサポート

お客様は、これらの menu を自由に組み合わせてサービスを利用することが可能です。


【会社概要】
名称:ハートランド・データ株式会社
本社住所:栃木県足利市福居町361
設立:1982年1月18日
資本金:3,200万円
代表者:代表取締役 落合亮
ホームページ: (リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】
ハートランド・データ株式会社
ソリューション事業部 ソリューション開発課

TEL:0284-22-8791
お問い合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。