ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタ開発

株式会社 ジェイテクト 2017年11月28日

From PR TIMES

既存事業のコア技術を活かし、高耐熱・低温性を両立するリチウムイオンキャパシタを開発

ジェイテクトは、蓄電デバイスの1種である「リチウムイオンキャパシタ」の開発を進め、2019年の量産を目指す。



株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)は、2017年9月にBR蓄電デバイス事業室を組織し、取り巻く環境の変化を先読みした持続的成長の柱となる新領域の1つとして、蓄電デバイスの1種である「リチウムイオンキャパシタ」の開発を進め、2019年の量産を目指す。

【取り巻く環境の変化と新規事業推進の狙い】
少子高齢化・環境・エネルギー問題といった将来の社会課題、自動運転・人工知能・3Dプリンタなどの破壊的イノベーション、リーンスタートアップ・オープンイノベーションといった技術開発競争の激化と当社を取り巻く環境は大きく変化。
この社会動向・環境変化を先読みし、ジェイテクトの持続的成長の柱となる新領域の事業の立上げを推進。新規事業の技術は既存事業の技術から染み出し、その新技術を既存事業にも活用する、相乗効果を生み出しNo.1&Only Oneの技術で社会に貢献することを目指す。

【リチウムイオンキャパシタ開発の狙い】
燃費規制の拡大、高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受け、省エネ・自動運転化に大きく貢献する電動パワーステアリングの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両へのEPS搭載には12Vの車両電源では出力が不足。
キャパシタと充放電コントローラーを従前のEPSに付加することで、車両電源の12Vに対しキャパシタからの6Vの電圧を付加し18Vの高出力化を実現し、EPSの適用範囲の拡大に貢献。


[画像1: (リンク ») ]



【製品特長】
高温環境・低温環境いずれも使用できる適用環境温度の広さ
キャパシタとは、物理的に電力を充放電する蓄電池。蓄電容量は限られている代わりに一度に高いエネルギーを放出する瞬発力が特徴であるが、リチウムイオン二次電池同様に耐熱性に課題があった。
車両に搭載するために要求される環境温度はエンジンルーム内であれば-40℃から125℃、車室内であれば-40℃から85℃。
この条件に対し、ジェイテクト製のリチウムイオンキャパシタは独自技術により、-40℃から85℃まで使用可能となり、車室内での使用要求に適合。
さらには出力する上限電圧を制限すれることで105℃まで高温環境で使用可能となる。

[画像2: (リンク ») ]

【今後の展開】
No.1&Only Oneの技術として開発をすすめ、2019年の量産を目指し推進。
当社既存事業の製品に搭載しての拡販を進めると共に、製品単独での販売も計画。
キャパシタ単体販売、バランス回路を組み合わせたモジュール販売、充放電コントローラーも組み合わせたシステム販売も行う予定。
自動車業界のみならず、工作機械、建設機械、鉄道、発電装置、交通インフラなど様々な領域での拡販をすすめ、その用途も補助電源、予備電源、発電装置の機能安定化、電源回生、さらにはメイン電源とお客様のニーズに沿った様々な形で貢献することを目指す。

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

ジェイテクトウェブサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]