Airitech株式会社、Webサイト性能診断サービスに機械学習による異常検知機能を追加

Airitech株式会社 2017年11月29日

From PR TIMES

Webサイトの性能問題の検出、改善に要するコストを削減

Webサイトの性能劣化の検出と原因切り分けを一早く可能に。機械学習を取り入れることでWebサイト性能診断サービスを強化いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

今日、Webサイトのパフォーマンス品質は、サービスの運用において重要な要素となっています。
「サイトの表示時間が0.1秒遅れると、ECサイトの売上が1%低下する」と言われるほどです。
顧客とのエンゲージメントの向上のために、継続的にサイトの更新が求められるなか、Webサイトの運営者は、多大な工数を費やしてサイトの性能を継続的に評価し、性能改善の要否を判断する必要に迫られてきました。

[画像2: (リンク ») ]

当社(Airitech株式会社)のWebサイト性能診断サービスは、
・Webサイトの性能を継続的に評価する。
・応答に時間を要する主原因を特定する。
・他社サイトとの比較を行い、競争優位性を評価する。
という課題を解消してきました。

■機械学習により異常検知と切り分けを効率化
このたび、このWebサイト性能診断サービスに、機械学習による異常検知機能を追加いたしました。
これにより、

サイトの性能劣化をいち早く検出する。
サイトの「性能劣化」の主原因を特定する。

が可能になります。

Webサイトの性能は、サイトのリニューアルだけでなく、コンテンツの追加や更新でも、劣化するリスクがあります。


[画像3: (リンク ») ]

コンテンツの性能劣化には、
・ファイルサイズ巨大な画像の掲載
・HTMLのレイアウトによるレンダリングのブロック
・javaScript、CSSによるレンダリングのブロック
・ネットワークによる伝送遅延
などが考えられますが、これらの切り分け、対処を効率的に行うことが可能になります。

■今後の機能強化予定
機械学習や深層学習の適用を進め、Webサイトの問題ページの抽出や改善方針の立案を自動化する予定です。
Webサイトの管理者様の性能に関する検証、監視、改善に要するコストの削減に貢献してまいります。

【会社概要】

会社名 :Airitech株式会社(エアリテック株式会社)
代表者 :代表取締役 山崎 政憲
所在地 :東京都新宿区荒木町23-15 アケボノ大鉄ビル7F
事業内容:パッケージ開発・販売事業、コンサルティング事業、システム開発事業
URL   : (リンク »)


<本件に関するお問い合わせ>

Airitech株式会社 広報担当:小幡 有美(オバタ ユミ)
E-MAIL(広報): support@airitech.co.jp
E-MAIL(営業): sales@airitech.co.jp


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]