データ復元ソフト「wondershareデータリカバリー」6.6バージョンが新登場

株式会社ワンダーシェアーソフトウェア 2017年11月29日

From PR TIMES

起動しないパソコンからデータを復元・復旧

突然、パソコンがクラッシュし、起動できなくなる?起動しないパソコンに入っているデータは、どう救出できますか。上位版のwondershareデータリカバリープロを利用すれば、起動できなくなるパソコンの起動ドライブを作成することで、簡単に起動しないパソコンからデータを救出することができます。



消費者向けソフトウェア開発・販売を展開する株式会社ワンダーシェアーソフトウェア(日本支社 東京都千代田区 代表 王博)は、データ復元ソフト「wondershareデータリカバリー」6.6バージョンのリリースに伴い、2017年11月29日より、起動しないパソコンからデータを復元・復旧するサービーズを提供し始めます。

wondershareデータリカバリー

公式サイト
(リンク »)

「wondershareデータリカバリー」について
「wondershareデータリカバリー」はパソコンの紛失したデータを復元できるソフトです。パソコンやMacで誤って削除した画像・音楽・動画やドキュメントなど、内臓-HDDや外付けHDD、ゴミ箱、USBドライブ、SDカード、デジカメや携帯電話など消えてしまったデータを高速・高品質で復元することができます。

上位版である「wondershareデータリカバリープロ」について
突然パソコンがクラッシュし、起動できなくなる?起動しないパソコンに入っているデータは、どう救出できますか。上位版のwondershareデータリカバリープロを利用すれば、起動できなくなるパソコンの起動ドライブを作成することで、簡単に起動しないパソコンからデータを救出することができます。

詳しい操作方法は以下ガイドページをご参照ください。
(リンク »)
[画像: (リンク ») ]




「データリカバリー」と「データリカバリープロ」の製品比較


[表: (リンク ») ]


【動作環境】

Windows 10/8.1/8/7/Vista/2000/XP

注意:起動ディスク作成という機能は現在、Windows版しかに対応しておりません。

「データリカバリー」の製品ページ:

(リンク »)

「データリカバリープロ」の購入ページ:

(リンク »)


【株式会社ワンダーシェアーについて】
Wondershareは、ワンダフルを世界中の皆様と共有しています。
2003年の会社設立以来、Wondershareは、あらゆる場面で実用性が高い、革新的なマルチメディアソフトの開発に取り組んで参りました。 Wondershareの社名は「wonderful」(素晴らしい)を「share」(共有)するという自社の志を示しています。その初心の下、「ソフトウェア=知恵」を世界と共有し、人々の人生と仕事をより楽しく、便利に、簡単にすることを目指し活動してまいりました。デジタル写真・デジタルビデオ・オーディオ技術、それらのインターネットとの融合といった分野において、弊社の誇る技術力を駆使した製品群は、現在に至るまで世界中の個人のみならず、法人、政府機関、学術機関でご活用いただいております。


【開発会社概要】

会社名 株式会社ワンダーシェアーソフトウェア

設立 平成23年9月

代表取締役 王博

事業所在地 千代田区神田練塀町73 プロミエ秋葉原10F

事業内容 ソフトウエア・システム・コンテンツならびに付帯サービスの企画・開発・販売。

URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]