関門エリアをもっと楽しく!ローカルウェブメディア「かんもんノート」を創刊

株式会社トルビ 2017年11月30日

From PR TIMES

何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!

山口県を活性化する目的で設立された株式会社トルビは、「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチフレーズとしたローカルウェブメディア「かんもんノート」を2017年12月1日(金)に創刊、生活に役立つ情報やくすっと笑える地域の情報などなど、関門エリアに特化したかたちで日々発信します。



[画像1: (リンク ») ]

【「かんもんノート」について】
「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチフレーズとしたローカルウェブメディア(地域情報サイト)です。
山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとし、大小イベントからショップの開店閉店、話題のスポットなどなど、ほんの些細なコトからとっても有意義な情報まで、ローカルの新鮮なネタを毎日発信していきます。
取材は真面目にわかりやすく、そして何より面白くをモットーに、関門エリアが今以上に盛り上がることを願って創刊します。


[画像2: (リンク ») ]


【プロジェクト背景】
株式会社トルビでは山口県下関市にてゲストハウス「ウズハウス」を運営しており、日々たくさんのお客さんに出会い、コミュニケーションをとりながら、オススメのスポットなどを案内しています。その中で気づいたことのひとつに関門海峡そして関門エリアの認知度の低さがあります。

本州と九州が最短距離600mとも言われる近さで向かい合っており、徒歩や連絡船で往来可能なエリアであることを知っている人は多くはありません。それぞれの特色を持った2つの場所が1回の旅行で同時に楽しめることが認識されていない。歴史に幾度も登場しているにもかかわらず、この場所が歴史の舞台であったとリンクしていない。様々な現状を踏まえて、もっと関門エリアという場所を一括りにして発信する必要性があると思いました。

そのためにはまず、両市に住んでいる方々が関門エリアの魅力について気づくことが大切であり、そんな共通認識があってこそ、両市外へ関門エリアという地域の情報発信が可能になると考えました。
地元の人々に対し、魅力を再認識してもらうための情報媒体として、関門エリアを取り扱うウェブサイト「かんもんノート」を創刊し、草の根から認識を変えていきたいと考えています。


【サービス概要】
公開日:2017年12月1日
メディア名:かんもんノート
WEB: (リンク »)

■会社概要
商号   : 株式会社トルビ
代表者  : 代表取締役 沖野充和
所在地  : 〒750-0003 山口県下関市阿弥陀寺町7-8
設立   : 2016年3月
事業内容 :ゲストハウス「ウズハウス」の運営・カフェ&バーの運営他
URL   : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社トルビ
担当者名:沖野充和
TEL:083-250-9787
Email:oki@uzuhouse.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。