finbee、「クリスマスプレゼントに関する調査」を実施

株式会社ネストエッグ 2017年11月30日

From PR TIMES

クリスマスプレゼントの総額は、60%近くが1万円未満

株式会社インフキュリオン・グループ(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田 大輔 / 丸山 弘毅)の子会社である株式会社ネストエッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)は、「クリスマスプレゼントに関する調査」を実施しました。今回の調査は2017年10月13日から10月18日までの6日間、誰かにクリスマスプレゼントをあげる可能性のある、18歳から50歳までの男女313人を対象に行いました。

今回の調査では、性年代や家族構成が調査結果へ影響すると予測し、結果に差が出たところは性年代・子供の有無に分けて示しています。



■ クリスマスプレゼントの総額は、60%近くが1万円未満。20代・30代の方が、40代・50代よりもお金を掛けている傾向。

[画像1: (リンク ») ]


■ クリスマスプレゼントの内容は30%が「決まっていない」と回答。

[画像2: (リンク ») ]


■ クリスマスプレゼント購入時期は、75%以上の方が「12月に入ってから」

[画像3: (リンク ») ]


■ クリスマスプレゼントの購入場所で最も人気なのは「デパート・百貨店」で40%弱。次いでインターネット。子供のいる方は、「インターネット」が約27%で最も多かった。

[画像4: (リンク ») ]


■ クリスマスプレゼントのお金はどのように準備するか。の質問に対して、「直近の給料」が最も多く50%弱。次いで「貯金」が30%。

[画像5: (リンク ») ]


■ クリスマスプレゼントを渡す場所は、85%以上の方が「家」。20代は、レストランや旅行先で渡す方が20%近くいるが、30代・40代は減少し、50代になると再び20%となった。

[画像6: (リンク ») ]


■ 恋人もしくは夫・妻からのクリスマスプレゼントはどれくらいのものを期待しますか?の質問に対し、1万円未満と回答した方が最も多かった一方で、男女別に見ると、女性は3万円から5万円未満と回答した方も10%近くおり、1万円未満で良いと思っている方と二極化していることがわかった。

[画像7: (リンク ») ]


■自動貯金サービス「finbee」について
finbeeは貯金の目的や目標金額、貯金のルールが簡単に設定でき、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートするサービスです。2016年12月にサービスを開始し、接続銀行であるみずほ銀行・住信SBIネット銀行をご利用のお客様を中心に幅広い方々にご利用いただいています。今後は、接続銀行の拡大およびお客様にとってより便利にご利用いただけるような機能を追加していく予定です。

■ネストエッグについて
決済・金融領域に強みを持つインフキュリオン・グループの子会社として、2016年4月に設立。Fintechの促進で、お客様の金融行動や金融機関の在り方が大きく変化しているなか、「人々の生活に寄り添う新しい金融サービスを提供することで、人生に躍動、自由、豊かさを提供する」という企業理念のもと、まずは日本人に馴染み深い「貯金」を「楽しく、簡単にできる」ようにリデザインすることから始めます。今後も、ユーザーオリエンテッドな視点に立ち、日々の生活に密着した新しい金融サービスを展開してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]