アボット、ペースメーカのAssurity MRIおよびEndurity MRIの3T MRI対応を発表

アボット ジャパン株式会社 2017年11月30日

From PR TIMES

普及の進む3T MRIの全身撮像に対応することで、医療従事者と患者様の双方により適切な診断機会を提供

2017年11月30日— アボットは、Tendril STSペースメーカリード(販売名:テンドリル STS)の製造販売承認一部変更承認を受け、Assurity MRITMおよびEndurity MRITMが、従来の1.5テスラMRI(磁気共鳴画像装置)だけでなく、3テスラMRIにも対応可能となったことをお知らせします。これにより、これらのペースメーカを植え込んだ患者様は、必要に応じて、急速に普及しつつある3テスラMRIによる全身スキャンを受けることができるようになります。また、Assurity MRIペースメーカは、小型、長寿命バッテリーの3T MRI対応ワイヤレス・ペースメーカとなります。

ペースメーカは小型植込み型デバイスであり、心拍が過度に遅い場合に電気パルスを心臓に送り、心拍リズムが遅いことによって生じるめまいや倦怠感の症状を軽減することができます。日本では毎年約40,000人が植込み型のペースメーカの使用を新たに開始[i]しています。

強力な磁場を生じるMRIでは、植え込んだデバイスの損傷リスクや干渉などの影響を受ける可能性もあるため、MRIスキャンを受けることのできるペースメーカは、より詳細な診断情報を得る上で、患者様、医療従事者の双方にとって大きな利益になります。特に、より高解像度の画像が得られる高性能な3T MRIは近年急速に普及しており、3T MRIに対応可能なペースメーカの必要性が認知されていました。今回、Assurity MRITMおよびEndurity MRITMが3T対応となったことで、患者様、医療従事者はMRIの恩恵を十分に受けることが可能になります。

また、Assurity MRIペースメーカではワイヤレス遠隔モニタリングが可能なため、医師は患者様の診断データや毎日のデバイス測定結果により確実にアクセスすることができ、病院訪問の必要性も減少します。遠隔モニタリングはこの10年間で最良事例(ベスト・プラクティス)とされ、患者転帰および医療費削減における好影響が複数の研究によって証明されています。2015年には、米国不整脈学会(Heart Rhythm Society)がそのガイドラインにおいてワイヤレス遠隔モニタリングを標準治療としました。
[i] (リンク »)

*製造販売承認一部変更承認は、アボットの 100%完全子会社であるセント・ジュード・メディカル株式会社が取得
[1] (リンク »)


アボットについて:

アボットは、健康の力を通して人々が最高の人生を送ることができるよう注力するグローバルヘルスケア企業です。125年以上にわたり、栄養剤、診断薬・機器、医療機器およびブランド ジェネリック医薬品分野で、人生のあらゆるステージにおいて、健康が持つ可能性を実現するため、新たな製品・技術を提供してまいりました。現在、世界150カ国以上、約94,000人の社員が、人々が健康で長く充実した人生を送ることができるよう活動しています。

アボット(www.abbott.com)、アボット ジャパン(www.abbott.co.jp)、フェイスブック(www.facebook.com/Abbott)、ツイッター(@AbbottNews @AbbottGlobal)も合わせてご参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]