トラストバンク、「ふるさとチョイスアワード2017」にて、ふるさと納税の最優良事例として、群馬県前橋市の「タイガーマスク運動支援プロジェクト」が大賞に決定

株式会社トラストバンク 2017年11月30日

From PR TIMES

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( (リンク ») )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、2017年11月30日(木)、スパイラルホール(東京・表参道)にて、ふるさと納税の最優良事例を発表する「ふるさとチョイスアワード2017」を開催し、ふるさと納税の最優良事例として、群馬県前橋市の「タイガーマスク運動支援プロジェクト」が大賞に決定しましたので、お知らせします。



2010年のクリスマス、漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」の差出人でとある児童相談所にランドセル10個が贈られたことが全国に広がり大きな社会現象となりました。今回、大賞となったのは、この最初の行動者で前橋に住む河村正剛さんと前橋市が一緒に取り組む、「夢を持って社会に挑戦する若者をふるさと納税で応援するプロジェクト」が選ばれました。

◆ 群馬県前橋市 前橋市未来の芽創造課長 谷内田 修氏のコメント
「河村さんが前橋出身とわかって、河村さんに前橋市に来てもらったことがきっかけでこの運動が始まりました。(この運動は、)どこの市町村でもできることだと思っています。是非多くの市町村の児童養護施設の子供たちのため、この取り組みが(各地で)始まると良いと思っています。」

◆ 株式会社トラストバンク 代表取締役 須永 珠代のコメント
「今回大賞となった前橋市のプロジェクトは、地域の課題を解決するために、行政だけでなく、多くの人たちを巻き込んだことが共感を呼んだのだと思います。今後、ふるさと納税がこうした取り組みを支援する一つのツールになることで地域課題が一つでも多く解決することを期待します。また、小さくても活力のある地域が課題を解決できることを証明したアワードだったと思います。今後、ふるさとチョイスアワードなどの取り組みを通じて、前橋市など日本各地の成功事例を全国に広げていきたいと思います。」

ふるさと納税により集まった寄附金は、「子育て支援」、「自然保護」、「農林水産産業支援」、「災害支援」など様々な活動に活用されています。また、自治体職員や地域の事業者・生産者の方々は、ふるさと納税を通じて、地域の魅力を発信するために、積極的に新たな試みに挑戦しています。その結果、日本全国の地域に活力が生まれています。

トラストバンクは、ふるさと納税を通じて、自治体職員の創意工夫によって起こっている地域の変化や、表舞台に出てこない自治体の挑戦や地道な努力などを多くの方々に知ってもらうため「ふるさとチョイスアワード」を4年前から毎年開催しています(リアルイベントは今回で2回目)。今後も、自治体や地域の生産者・事業者の方々の取り組みを積極的に発信することで、日本各地の地域を支援してまいります。

[画像: (リンク ») ]



「ふるさとチョイスアワード2017」とは
全国各地の自治体がふるさと納税を活用して行う様々な取組み、寄附金の使い道、またそれによる地域の変化の中から、地域活性につながる素晴らしい事例を厳選し、表彰するものです。アワードでは、全国すべての自治体(1788自治体)からノミネートされた8つの優良事例がプレゼンテーション形式で紹介されました。自治体職員が自らの取り組みを発表し、5人の審査員および約140名の来場者の投票により大賞が選ばれました。今年のアワードは、ふるさと納税の制度を活用して、すでに地域に効果が出ている事例だけでなく、地域の未来に向けて今まさに取り組んでいる活動も広く発信するため、「Challenge」をテーマに開催されました。

□■イベントの概要 ■□
◆イベント名: ふるさとチョイスアワード2017
◆日時: 2017年11月30日(木)13:30~16:00
◆会場: スパイラルホール 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F
◆イベント内容: ノミネートされた8自治体の職員による取り組みのプレゼンテーション 、審査・表彰
◆イベントURL: (リンク »)
◆イベント参加費: 無料
◆主催: 株式会社トラストバンク
◆ノミネート自治体とタイトル(計8自治体):
▽北海道栗山町
「栗山出身」ってだけでモテる時代は、きっと来る!
▽北海道広尾町
子ども農山漁村交流から始める「まち・ひとづくり」
▽青森県弘前市
お城が動く!~「コト」によるファンづくりの取組み~
▽茨城県境町
ふるさと納税感謝祭利根川大花火大会日帰りバスツアー
▽群馬県前橋市
タイガーマスク運動支援プロジェクト
▽石川県珠洲市
住民みんなが株主 ~地域で取り組むまちづくり~
▽福井県坂井市
10年目の新たな挑戦!坂井市寄附市民参画制度
▽鹿児島県いちき串木野市
母校の存続に向けて~産学官によるブランド力の向上~

◆審査員(順不同):
コインチェック株式会社 共同創業者兼COO 大塚 雄介 氏
認定NPO法人ふるさと回帰支援センター理事長 高橋 公 氏
株式会社和える 代表取締役 矢島 里佳 氏
BuzzFeed Japan株式会社 創刊編集長 古田 大輔 氏
株式会社トラストバンク 代表取締役 須永 珠代

【株式会社トラストバンクについて】
2012年4月設立。地域に「ヒト」「モノ」「おカネ」「情報」を循環させることで、持続可能な社会の実現のため、主に自治体支援サービスを提供。2012年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。同サイトは、約1億4,300万の月間PV数(2016年12月)、178万を超える会員数(2017年11月)、契約自治体数1,290自治体超(2017年11月)、お礼の品登録数15万3,000点超(2017年11月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年9月、ふるさと納税の制度を活用したプロジェクト型課題解決支援「ガバメントクラウドファンディング」をスタート。ふるさと納税市場におけるリーディングカンパニーとして、寄附金の「使い道」を明確にする啓蒙活動を積極的に展開。また災害等有事における被災地の支援の専用サイト「災害支援」を2017年4月に開設。自治体職員を対象にしたセミナーなどを全国で多数実施。2016年7月、都心にいながら「ふるさと」を身近に感じられる場所として「ふるさとチョイス Café」(有楽町)をオープン。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]