北近畿先進交通ネットワーク計画 第一弾 「東京⇔福知山・宮津・豊岡」ピンクのバス新路線 12月1日(金)より運行開始

WILLER株式会社 2017年12月01日

From PR TIMES

 高速バス「WILLER EXPRESS」(以下ウィラーエクスプレス)を統括管理するWILLER EXPRESS JAPAN株式会社( (リンク ») 、代表取締役:平山幸司)は、2017年12 月 1 日(金)より東京⇔福知山・宮津・豊岡の新路線を開設します。



[画像1: (リンク ») ]

 WILLERは、2015年より北近畿地域で沿線114km5市2町を結ぶ地域の基軸交通となる「京都丹後鉄道」を運行しており、さらなるこのエリアへの長距離交通や地域内交通の利便性向上を目指し、2018年から先進的な交通サービスを段階的に展開していく計画です。そのスタートして、今回の東京と北近畿を結ぶ高速バスの運行を開始します。
 北近畿エリア(丹後・但馬エリア)は関西では人気のある観光地で、日本三景の1つでもある「天橋立」や1300年の歴史を持つ湯治場として志賀直哉など文豪に愛された「城崎温泉」があります。
 今までは東京から直接繋ぐルートがなかったため、新幹線と在来線または飛行機とバスを乗り継ぐ必要があり、訪れるためには時間がかかったり、疲れてしまったりという課題がありました。今回の路線開設により、そういった課題を払拭し、東京から出発し寝ている間に観光地に到着できるので、移動時間を効率的に利用することが可能になります。シートタイプはWILLER EXPRESSで一番人気のリラックスシリーズ「リラックス《NEW》」と3列独立シート「コモド」を採用し、より快適に車内で過ごしていただけるようにしています。

 東京と北近畿を結ぶこの高速バスは毎日運行し、初年度の2018年は年間2万人の乗客輸送を計画、お客様の声に応じてシートラインナップも増やしていきます。
 今後WILLERは、先進的な交通サービスの提供を通じ北近畿エリアの交通の利便性向上とエリア全体の活性化を図ります。


[画像2: (リンク ») ]

■東京⇔豊岡 新路線運行概要
本数:1日1往復
運賃:
・東京⇔京都 5,400円~
・東京⇔天橋立 6,900円~
・東京⇔豊岡、城崎温泉 7,400円~
※シート: リラックス《NEW》、コモド 2タイプ
運行会社:ニュープリンス高速バス株式会社(WILLER EXPRESSチーム)
予約URL: (リンク »)


■~高速バスで行く~城崎温泉への旅
高速バスと城崎温泉の宿泊がセットになった商品も販売します。
往復バス+城崎温泉1泊2食・7つの外湯に自由に入れる外湯めぐりフリーパス付
大人おひとり様 26,470円~
予約URL: (リンク »)


■会社概要

[画像3: (リンク ») ]

社名:WILLER EXPRESS JAPAN株式会社
所在地:
【大阪本社】
〒531-6006 大阪府大阪市北区大淀中 1-1-88-600 梅田スカイビルタワーイースト6階
【東京支店】
〒163-0225 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル25階
設立:2012年1月
代表者:代表取締役 平山 幸司
事業内容:高速バス「WILLER EXPRESS」の統括管理

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]