マスコミの偏向報道に負けず、正しい情報を新聞の「意見広告」で広めたい。

株式会社ロゴスラボ 2017年12月01日

From PR TIMES

クラウドファンディング「CAMPFIRE」で新聞の意見広告を出すための資金調達にご支援をお願いします。

最近、テレビや新聞のマスコミ報道に対して、ネットの世界からは厳しい批判がなされ始めています。ネットとマスコミでの常識は全く乖離しています。日本人が本当に知るべき情報を新聞の「意見広告」という形で掲載し、広く拡散したいと考えました。最初のテーマは「憲法改正」。産経新聞に全ページ広告を掲載するためのクラウドファンド「CAMPFIRE」での資金調達を呼びかけています。申込み締切は12月25日(月)です。



■日本のマスコミの現状について

[画像1: (リンク ») ]

最近の日本のマスコミ、特にテレビ局の報道については、ネットの側からは厳しい批判の目にさらされるようになってきています。テレビの電波は公共のものです。放送法では、報道は「政治的に公平であること」、「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」が義務付けられています。にもかかわらず、テレビの報道は偏向していると考える人たちが増えてきています。

■マスコミは「マスゴミ」?
実はネットの世界では、マスコミは「マスゴミ」と揶揄されています。今やネットでの常識と、マスコミでのそれは全く隔絶してしまっています。そんな中で、社会的な地位も高く、大きな影響力を持っている高年齢層の人たちは、ネットを見ることはなく、テレビや新聞しか見ていません。そんな人たちが、ある明白な意図を持って誘導されたかも知れない、間違った情報をもとに行動してしまい、日本の針路を誤らせようとしているのではないかと思われます。

■「それホンマか?マスコミ!の会」( (リンク ») )
[画像2: (リンク ») ]

そこで私たちはこのような日本のマスコミ界の現状を憂い、それを正していきたいと考える有志の会「それホンマか?マスコミ!の会」を発足させました。自分自身の身近なところでは声を上げられないが、ネットの世界では匿名で自由にモノが言える、そのことを何とか力にしたいと考えている人も大勢います。そのような人たちのことは「サイレント・マジョリティ(=物言わぬ大衆)」と呼べるでしょう。この人たちの受け皿をつくり、ネットの力を利用して、誤ったマスコミの情報を少しでも正していきたいと思います。
全体として大きな力を集めたいと考えているので、ある特定のイデオロギーや綱領、闘争目標、上部団体などは一切持ちません。この「受け皿」の目的は、「マスコミに流される誤った情報を正していく」ことです。

■新聞の「意見広告」
新聞広告には昔から意見広告というジャンルがあり、お金はかかりますが、自由な意見表明ができることになっています。もちろん、新聞社としての考査はあり、何を言ってもいいというわけではありませんが、かなりの影響力を及ぼすことは可能です。ネットでは常識になっているが、マスコミではほとんど触れられない情報を取り上げ、新聞に掲載していきたいと考えています。

■「それホンマか?マスコミ!の会」意見広告【第一弾】(産経新聞全国版朝刊掲載予定)

「愚かな日本国民に告ぐ(笑)。憲法9条で本当に日本は守れるのか?」

今、日本は未曽有の危機にさらされています。ミサイル発射と核実験を繰り返し、全世界を威嚇する北朝鮮。南シナ海に軍事基地を建設し、尖閣諸島周辺を我が物顔に侵略する中国。竹島を不法に占領したままの韓国。国後、択捉にミサイルを配備したロシア。
そもそも北朝鮮に拉致された多数の被害者を、日本はいつまでたっても取り戻せないままです。ミサイルが日本列島上空を横切っても、日本はどうすることもできません。
このようなとても緊迫した情勢の中で、「日本は憲法9条のおかげで平和が保たれてきた」と言っている人たちがまだいます。今すぐに憲法を改正しなければ、日本が危ない!
そんな主張を展開した新聞意見広告です。
[画像3: (リンク ») ]

この原稿の掲載紙は、産経新聞を予定しています。
募集するお金の大半は新聞社への掲載料になります。原稿制作費も少し必要です。そしてリターンはとても少ないです。少しでも掲載料に回したいと思うからです。
内容についてのご意見やお問い合わせについても、可能な限り対応していきます。
将来的には産経新聞1紙だけでなく、複数の全国新聞等にも広げていきたいと考えています。

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でのご支援をよろしくお願いします。
(リンク »)

■募集期間:12月25日(月)締切
【募集総額15,000,000円】
(想定される内訳)
・産経新聞 朝刊 全国版 全15段(全ページ)モノクロ 2018年1月上旬掲載想定
・原稿制作費(イラスト費、出稿用製版代含む)
・リターン用抜き刷り、カラーイラスト印刷、発送費
・CAMPFIRE手数料/決済手数料
■リターンについて
・新聞出稿原稿(発行日付入り)上質紙抜き刷りとは、この原稿が載った日の産経新聞の紙面のみを上質紙(白い紙)に印刷したものです。大きさはA2になります。四つ折りになる見込みです。枚数は夫々の上限内でご希望に応じます。
・オリジナルカラーイラストとは、この広告原稿のイラストに着色を施したものです。これをハガキ大もしくはA4版に縮小印刷したプリントをお送りします。
※新聞に掲載するイラストはモノクロ版です。

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でのご支援をよろしくお願いします。
(リンク »)

■問合せ先:
「それホンマか?マスコミ!の会」
大阪市北区南森町1-4-28ブールバール南森町306(株)ロゴスラボ内
電話:06-7777-0177
info@sorehonmaka.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]