広島県のプログラミングスクールTechChance!の高校一年生の野村祐希君がアプリ開発コンテスト、学生ケータイあわ~どで入賞

株式会社テックチャンス 2017年12月04日

From PR TIMES

小中高生向けプログラミングスクールTechChance!の生徒である野村祐希君が、2017年10月28日に開催された「学生ケータイあわ~ど2017最終審査会 アプリ作品部門」において、入賞しました。

小中高生向けプログラミングスクールTechChance!を運営する株式会社テックチャンス(本社:広島県中区、代表取締役:入江智史、以下 TechChance!)の生徒である野村祐希(のむらゆうき)君(広島県内の高校1年生)が、2017年10月28日に開催された「学生ケータイあわ~ど2017最終審査会 アプリ作品部門」において、入賞しました。

小中高生向けプログラミングスクールTechChance!を運営する株式会社テックチャンス(本社:広島県中区、代表取締役:入江智史、以下 TechChance!)の生徒である野村祐希(のむらゆうき)君(広島県内の高校1年生)が、2017年10月28日に開催された「学生ケータイあわ~ど2017最終審査会 アプリ作品部門」において、入賞しました。

▼学生ケータイあわ~ど2017 URL
(リンク »)

■コンテスト概要
『学生ケータイあわ~ど』は中国地方の大学・小中高・高専・専門学校の学生を対象に「携帯電話の新たな可能性」をテーマに、携帯電話向けの新しいアイデアや実際に制作した作品を募集し、学生会を中心とした審査・表彰を行っている2007年から続いているコンテストです。アプリ作品部門は例年、大学生や大学院生が卒業研究を応募する、レベルの高いコンテストになっており、今回も高校生以下の入賞は野村君だけでした。

■受賞者について
入賞したのは、TechChance!のUnityコースに通う、野村祐希(のむらゆうき)君です。野村君は去年、TechChance!に入会してはじめてプログラミングを学び、今回の受賞に至りました。時事問題を手軽に学べるアプリが欲しい、ということから、クイズ形式で時事問題を学べるソフトを開発しました。IBMのWatson SDKを使った音声合成による問題文読み上げ機能、テキストファイルで問題を簡単に追加できるカスタマイズ機能が特徴です。

▼受賞者インタビュー動画 URL
(リンク »)

■会社概要
企業名   : 株式会社テックチャンス
代表者  : 代表取締役 入江 智史
所在地  : 〒732-0053 広島県広島市東区若草町10-14 原田ビル301
設立   : 2017年3月
事業内容 : プログラミングスクールの運営、スクール運営のコンサルティング指導及びプログラミング教材の開発
資本金  : 1,000,000円
URL     : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テックチャンス
担当者名:入江智史
TEL:080-1913-9966
Email:info@techchance.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]