【しみケア総合ブランド「トランシーノ」10周年記念調査】20~50 代の女性、10年前と変わったところ1位は「肌」。「10年前よりファンデの減りが早い…」など嘆く声多数

第一三共ヘルスケア株式会社 2017年12月05日

From PR TIMES

美肌の条件1位は「しみがない・美白」。しかし、「しみ」に悩まされる女性は約7割…

今年誕生10周年を迎えたしみケア総合ブランド「トランシーノ」を展開する第一三共ヘルスケア株式会社(東京都中央区)は、全国の 20~50 代の女性 10,000名を対象にしみ・美白についての意識と実態調査を行い、その結果を「しみ白書 2017」として下記の通りまとめました。




 調査の結果、20~50 代の女性が、10年前と変わったところ1位は「肌」であることが判明しました。また女性たちの考える「美肌の条件」第1位は、「しみがない・美白」であり、多くの女性が、美肌になりたいのに、しみに悩まされているというジレンマを抱えていることが明らかになりました。
 また、肌に自信を持っている女性の84%が、自分は幸せだと実感しているということも判明しました。外見、キャリア、ライフスタイル、マネー…ほとんどの項目で肌に自信を持っていない女性に比べて、肌に自信を持っている女性の方が、満足度が高い傾向にあります。女性の肌と幸福には、深い関係があるようです。

【トランシーノ10周年記念公式サイト URL】
(リンク »)


[表: (リンク ») ]



<調査概要>
・実施期間:2017年10月20日~22日
・調査対象:全国20~59歳女性 1.10,000名 2.1,032名(1.の10,000名のうち、「気になるしみがある」と回答した方の中から各年代均等に割付け)
・調査方法:インターネット調査 ※%表記は小数点第二位を四捨五入しています。


■「しみ白書 2017」 詳細
■「10年前と変わったところ」1位は「肌」…ここ10年で出現した「しみ」に悩む声も

[画像1: (リンク ») ]

 「10年前のあなた」と「今のあなた」で、「変わった」と思うところを聞いてみたところ、「肌」がダントツの1位でした。「明らかにくすみとしみが増え、色艶が落ちたのでファンデーションの消費量が上がった(29歳)」「すっぴんが汚く感じるようになってしまった(32歳)」「ほうれい線が目立つようになり、すごくふけた。しわも増えたし、しみもできた。体型はさほど変わらないので、後ろ姿では若くみられるが、前から見ると完全におばさん(51歳)」など、「体力」「体型」よりも、「肌」の老化を嘆く声が寄せられました。10年前と比較して、肌に自信を持てなくなっている女性が増えるようです。

■経験したことのある肌トラブル第1位は「しみ」、特に30代が気にしやすい

[画像2: (リンク ») ]

現在経験している肌トラブルの1位を調べてみました。調査では、約7割の女性が「しみ」と回答。また、しみを気にしている女性の84.5%は、自分の肌に自信がないと回答しています。

[画像3: (リンク ») ]

 「しみ経験」は、年代を追うごとに増加する傾向にありますが、「しみの気になり度」を見ると、30~40代がピークであることが分かりました。30~40代女性は、老けて見える原因として「しみ」が最も影響を及ぼしていると考えているようです。

■「美肌の条件」第1位は「しみがない・美白」。
 美肌に自信が持てれば、満足できる人生に!鍵は「美白」か?

[画像4: (リンク ») ]

 女性たちの考える「美肌の条件」第1位は、「しみがない・美白」でした。日本女性の美白肌信仰は健在のようです。しかし、84.1%の女性が「美白肌になりたい!」と願う一方、自分が美白肌だと自覚しているのは27.0%どまりだと判明。多くの女性にとって、現状の肌には理想と現実にギャップがあるようです。

■肌に自信を持っている女性の84.0%が、自分は幸せだと実感。

[画像5: (リンク ») ]

 さらに掘り下げると、驚くべき結果が…。自分の肌に自信があると回答した女性の84%は、自分は幸せだと実感しているという結果が明らかになりました。外見、キャリア、ライフスタイル、マネーなど…、ほとんどの項目で、肌に自信がある女性は肌に自信を持っていない女性に比べて満足度が高い傾向にあります。自分の肌に自信が持てるほど、日々の生活に満足し幸福感を得られる傾向にあるようです。

■しみができて後悔…しかし、自分のしみについて知識が不足している女性たち

[画像6: (リンク ») ]

 今までの調査で、「しみ」悩みを抱える女性は多いことが明らかになりました。にも関わらず、効果的なケアのために重要な自分のしみの種類の把握ができている女性はわずか1割強に留まります。

[画像7: (リンク ») ]

 しかし、約半数の女性が「もっと事前にケアをしておくべきだった」と後悔しているという現実があります。しみのトラブルによって、「人にどう見られるか気になる(37.2%)」、「ほかの人がうらやましい(28.0%)」「人に会いたくない(17.2%)」など鬱々としたコメントは多く見られます。しみがいかにネガティブスパイラルを引き起こす肌トラブルであるかが見て取れます。

 しみ問題は日々前向きに輝きたい女性たちにとって決して見過ごせないものであることが「しみ白書 2017」から明らかになりました。しみケア総合ブランド「トランシーノ」は、女性たちが自分のしみのタイプを正しく把握し、効果的なケアを行うことで自信を持てるようになるよう、これからも応援していきます。


■10周年を迎えたトランシーノについて

[画像8: (リンク ») ]

製薬会社のしみケアブランド・トランシーノは、おかげさまで、ブランド誕生から10周年を迎えました。
2007年、史上初の「肝斑改善薬」が誕生、それまでのしみケアの常識が変わりました。 それから10年、「しみ・そばかす」対策薬・薬用スキンケアを加え、日本で唯一のしみ・美白のトータルケアブランドに成長しました。
いつの間にか増えてしまったしみ。もやっと頬に広がる肝斑。いくつになっても気になるそばかす。そんな、素肌の様々な悩みに応えるために、生まれた「トランシーノ」。
すべての女性の素肌を、毎日を、人生を、もっと美しく、もっと輝かせるために。「トランシーノ」は進化し続けます。

【トランシーノ10周年記念公式サイト URL】
(リンク »)

【トランシーノ ブランド公式サイト】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]