JADAと東京2020組織委員会、東南アジア地域アンチ・ドーピング機構東京2020大会に向け、アンチ・ドーピングに関する覚書を締結

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構 2017年12月05日

From PR TIMES



 公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(所在地:東京都北区、会長:鈴木秀典、以下JADA)は、12月5日(火)に開催されたアジア・オセアニア国際アンチ・ドーピングセミナー*1内のオープニングイベントにて、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)と東南アジア地域アンチ・ドーピング機構(Southeast Asia Regional Anti-Doping Organization 以下SEARADO)と東京2020大会に向けてアンチ・ドーピングに関する覚書を締結いたしました。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

三者は以下の3項目について連携・協力を図り、クリーンなスポーツを護るアンチ・ドーピング活動のより一層の推進を目指していきます。
● 東京2020大会を含む主要競技大会での経験値の共有
● アンチ・ドーピング教育活動の展開・導入における相互協力
● アンチ・ドーピング活動における検査員等の人材育成による相互協力

■ 浅川 伸(JADA事務局長)コメント
東京2020大会に向けて、三者でアンチ・ドーピングに関する覚書を締結できたことを非常に喜ばしく思います。今回の覚書をもとに展開される活動は、スポーツの価値を護るため、我々を含め全世界で推進するグローバルなアンチ・ドーピング活動の展開に強くコミットするものだと信じております。そして、この東京2020組織委員会とSEARADOとの連携の成功が、他のアジア・オセアニアの国々においてだけでなく、世界の成功モデルとなっていくことを願っています。

■ 武藤 敏郎(東京2020組織委員会専務理事・事務総長)コメント
三者で覚書を締結することになり、大変嬉しく思います。ドーピング問題がスポーツの価値に影を落とす今の時代において、クリーンなアスリートが最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整え、スポーツの高潔さを訴えていくことはとても大切だと考えています。
私たちは東京2020大会を契機とし、日本アンチ・ドーピング機構および東南アジア地域アンチ・ドーピング機構の知見と協力の下、社会におけるスポーツの価値を護り、未来につながる大きなレガシーとして残していきたいと思います。

■ パトリック・ゴー(SEARADO会長)コメント
SEARADOは、JADA、東京2020組織委員会とのMOU締結をとても光栄に思います。
長年にわたり東南アジア地域において、 JADAとのアンチ・ドーピング活動の連携により、素晴らしい関係を築いてまいりました。そして、アジアの一員としてSEARADOは、東京2020大会を大変重要と位置づけ、大会成功に向け更に協力してまいります。具体的には、東南アジア地域から経験豊富なドーピング検査員を東京2020大会へ派遣すること、そして教育・啓発活動においては「Play True」のメッセージの幅広い展開などの積極的な推進が挙げられます。JADAと東京2020組織委員会との更なる連携により東京2020大会が実りのあるものとなることを楽しみにしています。


*1 “アジア・オセアニア国際アンチ・ドーピングセミナー”:
このプロジェクトは、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業「Sport for Tomorrow」における国際アンチ・ドーピング強化支援事業の一環として実施されています。継続的に開催されている本セミナーは、今年で11回目を迎え、今年度はアジア・オセアニア地域の約30ヵ国から50名以上のアンチ・ドーピングの担当者を招へいしました。最新のアンチ・ドーピングの情報を共有するとともに、アンチ・ドーピング担当スタッフの人材育成を通して、世界全体のアンチ・ドーピング体制のレベル向上を目的として開催しています。


【公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)について】
■ 名称 :公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(略称名:JADA)
■ 所在地:東京都北区西が丘3-15-1 国立スポーツ科学センター内
■ 代表者:会長 鈴木秀典
■ URL : (リンク »)

【公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会について】
■ 名称 :公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
■ 所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー
■ 代表者:会長 森 喜朗
■ URL : (リンク »)

【東南アジア地域アンチ・ドーピング機構について】
■ 名称 :東南アジア地域アンチ・ドーピング機構
(Southeast Asia Regional Anti-Doping Organization; SEA RADO)
■ 代表者:会長 Patrick Goh(パトリック・ゴー)
■ URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。